MENU

ドッグフードに含まれる良くない成分を徹底解析!酸化防止剤や甘味料など

安価で粗悪なドッグフードには愛犬にとって危険な成分が沢山配合されてしまっています。

 

その中でも特に良くないと言われる成分に関してを、どんな風に影響があるのかまとめてみました。

 

普段何気なく購入しているドッグフードには、危険な成分は入っていませんか?

 

愛犬の健康を守る為、ドッグフード選びの基本として覚えておきましょう(^^♪!!

 

ドッグフードに入っている危険な成分はコレ!!【完全保存版】

ドッグフードの原材料中に配合されている危険な成分はコチラ。

 

各種酸化防止剤や甘味料、動物性油脂、保存料、添加物、着色料

 

ざっくりと書きましたが、それぞれどんな危険な作用があるのか、次項でまとめています。

 

各種酸化防止剤について

酸化防止剤の役割は、ドッグフードの品質を保ち長期保存できるようにとの目的で配合されています。

 

全ての酸化防止剤が悪い!という訳ではなく、中には天然由来のトコフェロールやビタミンCなどで代用している場合もありますが、粗悪なドッグフードには合成添加物である酸化防止剤が多く配合されている傾向にあります。

 

天然の酸化防止剤と比べるとコストも安く済むので、大量生産されているドッグフードほど使用されているものが見受けられます。

 

「これだけは絶対に避けた方が良い!」という酸化防止剤についてまとめてみました。

 

エトキシキン

とても高い抗酸化作用を持つ酸化防止剤の一種ですが、強すぎる作用の為に日本では使用が認められてない成分になります。

 

日本国内で販売されているドッグフードでは使用されていませんが、海外製のドッグフードに稀に使われているものがある為、通販で海外製のドッグフードを購入している方は注意して下さい。

 

エトキシキンは枯葉剤の酸化防止に使われていた経歴がある為、生体に対してはかなりの悪影響を良そうする事が出来ます。

 

この酸化防止剤を摂取する事により、皮膚炎などのアレルギー症状を始め、発がん性もある為気を付けなければなりません。

 

BHA

BHAを正式名称で書くと「ブチルヒドロキシアニソール」と呼ばれています。これはガソリン用の酸化防止剤と使われていた程強力な作用を持っている為、高い防腐・酸化効果を期待できます。

 

安価なのでバターやマーガリンなどの食品添加物として日本でも認められていますが、過剰に摂取する事でがんを発症する可能性があるとされ、近年では注意しなければならない成分として有名になりました。

 

人間においてもこうした悪影響が懸念される為、犬にとっても同じ事です。皮膚炎や発がん性の物質を含んでいる為、ドッグフードに使用されている場合は避けた方が良いでしょう。

 

BHT

BHTの正式名称は「ジブチルヒドロキシトルエン」というもので、食品用ではなく油用の酸化防止剤として使われているものです。

 

BHAと同じく、冷凍食品やガムなどの添加物として配合されていますが、コチラも発がん性の可能性があるとされている為、長期的な摂取により健康被害が懸念されています。

 

ソルビン酸カリウム

多くの食品の添加物として使われている成分ですが、その他の添加物と摂取する事で更に悪影響が懸念されている酸化防止剤の一つ。

 

かまぼこなどの加工食品や、水に溶けやすいという性質がある為シロップなどの水溶性の食品に対して使われる事も多いのですが、ソルビン酸カリウムは細胞の遺伝子を突然変異させたり、染色体異常を引き起こす可能性があります。

 

発がん性との関係もある為、やはりこちらも危険な成分の一つとして覚えておいた方が良いでしょう。

 

ソルビン酸カリウムは「亜硝酸塩」と同時摂取する事で化学反応を起こし、発がん性物質を生じる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

同時に配合されている食品も多いので注意しなければなりません。

 

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムはソーセージやベーコンなどの加工食品に使われる事が多い酸化防止剤です。時間が経過して酸化し、色味が悪くなってしまうような食品に使われている事が多く、発色剤としての役割も持っています。

 

ドッグフードにおいては半生タイプのフードによく登場する確率が高いと言えますね。開封後の酸化を防ぐため、発色剤の亜硝酸ナトリウムを配合している場合も多いです。

 

ただ、致死率の高いボツリヌス菌を防ぐ役割もある為、食品中に添加される事もしばしばありますが、大量に摂取し続ける事は体にとっても良くありません。

 

先ほどまとめた【ソルビン酸カリウム】と同時摂取する事で化学反応を起こし、発がん性物質を生じる可能性も高い為、人間より内臓機能が弱い愛犬のドッグフードに配合するなんて言語道断です!

 

プロピレングリコール

プロピレングリコールは酸化防止の役割ではなく、主に保湿剤や乳化剤、殺菌剤などの役割で使用されています。
殺菌効果がある為、食品中のカビなどを防ぎ品質を保つ役割があるんですね。

 

この成分は【表示指定成分】に認定されているものでもあり、有害性があると国から認められている成分でもある事から、食品中に添加するのは危険性も高いと言えます。

 

毒性は低いとは言われていますが、継続して摂取する事でアレルゲンとなる可能性もある為、皮膚炎などの原因にもなりうる成分でもあるので注意が必要です。

 

甘味料について

甘味料をドッグフードに配合する理由としては、愛犬の食いつきを良くする為だけに配合している為、栄養面では本来であれば全く必要ありません。

 

その上本来犬は塩や砂糖などとは馴染みのない生活をしていましたから、これらの成分を多量摂取する事で肥満や糖尿病、高血圧などの可能性も増えてきます。

 

甘味料にはどんな成分があるのか、コチラでまとめています。

 

ソルビトール

甘味料としてだけではなく、最近を抑える保存料などとしても使われている為、幅広い用途で使用される成分です。化粧品や医薬品としても使われる事もあります。

 

一日の摂取量さえ守れば毒性が低い成分として、安全性は高いと言われてはいますが、大量に摂取する事でお腹が緩くなり、下痢を起こしやすくなる可能性があります。

 

そこまで大量に日々摂取する事はないと思いますが、愛犬の内臓機能は人よりも弱く、添加物に慣れていません。その為、少量でも症状が出やすくなる可能性もある為、注意が必要になります。

 

コーンシロップ

とても甘い甘味料の一種で、コーラやスポーツ飲料などのドリンクやプリンなどの柔らかく液状の製品に配合されている事が多いです。

 

名前の通りトウモロコシを原料として作られていますが、愛犬にとってトウモロコシはアレルギー性のある原材料の一種になります。コーンシロップも例外ではなく、皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

また、このコーンシロップは体内に蓄積しやすく、脂肪に変わりやすい為に、過剰に摂取し続ける事で肥満や高血圧などと言った病気を引き起こす可能性も高くなってしまうのです。

 

栄養分も一切配合されていませんので、本来であれば不要な成分と言えるでしょう。

 

ビートパルプ

ビートパルプはドッグフードにおいてもよく見かける成分でもあります。甘味料の一種ですが、こちらはサトウダイコンを絞った後の搾りかすの事を指します。

 

絞りカスなので栄養分はありません。ただ甘みを付ける為に配合されていますが、一説には摂取し続ける事で便が硬くなり、便秘を引き起こす可能性が高いとされています。

 

ドッグフードのかさましとして使われる事も多い為、甘味料としてドッグフードに配合されている時は注意が必要です。

 

グリシジン

甘味料の一種ではありますが、人間への使用は禁止されている甘味料の一つ。人への使用が禁止されているのに、愛犬に良いはずがありません。

 

安全性も確認出来ていない成分の為、グリシジンが配合されているドッグフードは避けた方が賢明です。

 

アンモニエート

アンモニエートもグリシジンと同じく、安全性が確立されていない甘味料の一種です。人への使用はこちらも禁止されているのですが、ドッグフードにはOKなんて、なんとも訳の分からない話ですよね。

 

愛犬の内臓は人間より弱い為、普段私達が何気なく口にしている食べ物であっても、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

 

人への安全性が確立されていない成分ならなおさら、添加物に慣れていない愛犬には不向きだと言えます。配合されているのが確認された場合は、こちらもなるべく避けた方が良いでしょう!

 

動物性油脂

ドッグフードによく配合されている一つの成分でもある動物性油脂。これは動物の油脂を抽出してドッグフードに添加させたものですが、食いつきをよくする為に配合されている傾向にあります。

 

ですが、動物性油脂は「どんな死に方をしたか分からない」動物から採取される為、危険性が高いと言われています。

 

特に多く使用されるのが、安楽死させられた動物や車に跳ねられた動物などを使用しているそうで、特に安楽死する際に使われた大量の薬剤が油脂中に溶け込んでしまっている可能性もあります。

 

また、油脂分を抽出する際にも大量の防腐剤や薬品を使っていますので、これらも油脂中に溶け込み、体に蓄積する事によって非常に多くの健康被害が懸念されているのです。

 

4D・ミートミール

「〇〇ミール」といった表記を見かける事があると思いますが、この成分をみかけたら要注意!

 

これらの原材料には、本来廃棄する予定の純粋な肉以外の部位が含まれている為、粗悪で安価なかさまし成分として広く使われている蛍光にあります。

 

これらに使用されているのが4Dミートと言われており、4Dミートとは

・DEAD=死んでいる

・DISEASED=病気

・DYING=死にかけ

・DISABLED=障害/けが

をしている動物の事を指します。既に死んでいる・病気で死んだ肉というのは腐敗が早く進む傾向がある為、防腐剤も大量に使用される傾向にあります。

 

どんな病気で死んだかもはっきり分からない為、一説では狂言病や鳥インフルで死んでいった動物の部位を使用している、という話もあるんです。

 

ミートミールなどの成分はこういった4Dミートから成り立っている事が多い為、本来は人用として使われない原材料がドッグフード中には当たり前化のように配合されている事もあるのです。

 

どんな添加物が使われているのか、どんな動物の部位が使われているのか、その動物が死んだ経緯などの表示義務は一切ない為、知らず知らずに愛犬に与えてしまっている可能性が非常に高い成分の一つです。

 

着色料

着色料は本来食材を彩りよく見せる為の成分ですが、愛犬は目で食事を楽しむ動物ではありません。その為、着色料の添付に関しては疑問が残ります。

 

着色料も危険性が高いものになりますので、個別でまとめてみました。

 

赤色3号【エリスロシン】

ドイツやポーランド、アメリカでは使用禁止されている着色料です。

 

ラットへの動物実験では、体重1Kgに対して2g以上を与える事で、ラットの半数が死亡するという報告がされている、危険性が高い着色料の一つです。

 

発がん性の危険性もある成分なので注意が必要。

 

赤色105号【ローズベンガル】

食欲低下や成長不良などの障害が見られると報告のあった着色料です。エリスロシンほどではありませんが、この着色料も甲状腺がんの可能性があるとされています。

 

赤色40号【アルラレッドAC】

アレルギーの原因となるだけではなく、発がん性も棄権しされている添加物です。アメリカでは使用が禁止されている着色料でもあります。

 

青色2号【インジゴカルミン】

発がん性だけではなく、痙攣などの原因にもなります。免疫の低下なども報告されている為、こちらも注意しなければなりません。

 

赤色102号【ニューコクシン】

石油を原料とするタール色素を含んでいる着色料です。アメリカやカナダ、ヨーロッパ諸国では使用を禁止している成分で、人に対しては注意欠落生涯や多動性障害などの報告がされている危険な成分の一種です。

 

穀類

安価なドッグフードに多く見られる穀類ですが、犬にとっては消化する力が弱い為、消化不良となる可能性も高く、お腹を壊したりアレルギーの原因にもなったりする成分の一つです。

 

トウモロコシ

トウモロコシはアレルギー性の高い原材料として有名な成分になります。アレルギー症状を引き起こす可能性も高い為、本来であればドッグフードに配合する成分としては適さないものになります。

 

小麦

小麦は人でもアレルギー作用があると言われており、最近では「グルテンフリー」商品を見かけるようになりましたが、愛犬も同じく小麦のアレルギーを持っている子は少なくありません。

 

米・玄米

穀類の中では危険性は低そうに見えますが、本来犬は穀類を消化・吸収する機能が弱い為、消化不良を起こす可能性が高いです。
危険性は低いですが、アレルギーの可能性も否めません。