MENU

ソリッドゴールドドッグフードの成分分析!安全性は大丈夫か?口コミも紹介

ソリッドゴールドドッグフード

【出展:Amazon

ソリッドゴールドドッグフードは、食塩や人工的な添加物、アレルギー性が高い小麦・トウモロコシ・大豆などの素材を使わず作られているので、愛犬の体の事を考えて作られているドッグフードと言えるでしょう。

 

有名な犬雑誌でも取り上げられるほどの実力を持っているので、愛犬家の皆様の中でも知っている方は多いのではないでしょうか?

 

口コミでは評判が良いですが、やはり実際の安全性や配合されている全素材は気になるかと思いますので、こちらでは口コミなども合わせてチェックしています!

 

参考価格 2,960円/1.8Kg
メイン食材 オートミール
ライフステージ 成犬用
タンパク質 18.0%
粗脂肪分 6.0%
粗灰分 6.0%
繊維 4.0%
水分 10.0%
原産国 アメリカ
カロリー 330kcal/100g
総得点 96点

 

 

ソリッドゴールド/総合評価をまずはチェック!

【ソリッドゴールドの総合評価はコチラ】

ソリッドゴールドドッグフード

ソリッドゴールドドッグフードは雑誌でも取り上げられる程の実力を持っていますが、大豆や配合していないと言われている食塩が配合されてしまっています。

 

その為、全体的な評価はバランス良いですが、少し不安が残る結果になっています。

 

ソリッドゴールド/配合されている素材をチェック!

【ソリッドゴールドの全素材はコチラ】

オートミール挽き割り精製大麦・えんどう豆・オーシャンフィッシュミール・カノラ油(混合トコフェロールによる保存処理)・乾燥卵・フラックスシード・トマト絞り粕・リン酸二カルシウム・塩化カリウム・天然風味料・・DLメチオニン・塩化コリン・サーモン油(混合トコフェロールによる保存処理)・タウリン・乾燥チコリ根・L−カルニチン・ニンジン・パンプキン・リンゴ・クランベリー・ブルーベリー・ブロッコリー・パセリ・スペアミント・アーモンド油(混合トコフェロールによる保存処理)・ゴマ油(混合トコフェロールによる保存処理)・ユッカシジゲラエキス・乾燥ケルプ・タイム・ヒラマメ・ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンE・硫酸亜鉛・ナイアシン・硫

※気になる素材は赤字で表記しています。
ソリッドゴールドには「〇〇ミール」といった表記の素材が配合されており、これは一般的には副産物として扱われるものではありますが、ソリッドゴールドに配合されているのは純粋な肉類から作ったミールになる為、低品質な副産物ではない事が予想されますが、念のため赤文字で表記しています。

 

また、実際には配合していないと表記のあった塩が配合されており、アレルギー性が高い成分としては大豆が含まれているので注意が必要です。

 

ソリッドゴールド/素材から見た安全性をチェック!

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 1 3
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 1 1
総得点 96

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

原材料の総合得点:96点

 

【おすすめポイント】ソリッドドッグフードのメリットを解説!

ソリッド

ソリッドゴールドドッグフードはどんな部分が選ばれれているメリットとされているのか、こちらでまとめてみました!

 

配合されている素材は安全性が高く安心感がある

ソリッドゴールドドッグフードはアメリカの犬雑誌でも称賛される程のドッグフードである為、配合されている素材に安心感があるのが一つの選ばれるメリットになります。

 

配合されている素材に「〇〇ミール」とあり不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、雑誌でも取り上げられてた所を見ると、これらの素材は品質が高い純粋な肉類だけで作られているタイプになると予想されます。

 

また、果物や野菜・ハーブなどがバランスよく配合されておりますが、タンパク質やカロリー共にヘルシーに作られていますので、肥満気味の愛犬のダイエット食としても向いていますね。

 

酸化防止剤などの人工的な添加物が配合されていない

一般的なドッグフードは長期保存の為、酸化防止剤や保存料などを添加しているものが多いのですが、人間と同様に愛犬にとっても添加物は良くないものになります。その為添加物があまりにも配合されているドッグフードに関しては、愛犬家の方は避ける傾向にあるようです。

 

ソリッドゴールドにはそういった人工的な添加物の配合がなく、気になる保存料や着色料なども無配合。素材の味や栄養素を大切にして作られているタイプなので、愛犬家にとっては安心して与える事が出来るドッグフードと言えるのではないでしょうか。

 

【気を付けたいポイント】ソリッドドッグフードのデメリットを解説!

ソリッド

ソリッドゴールドドッグフードのメリットだけではなく、デメリットについてもまとめていますので、気になっている方は購入前にコチラも合わせてご覧ください!

 

大豆・塩が配合されているのが気になる所

ソリッドゴールドドッグフードに配合されている全素材を見ると、素材や愛犬へのこだわりが見られますが、原材料の中に大豆や塩が含まれています。

 

小麦やトウモロコシなどのアレルギー性が高いとして知られる素材は配合されていないものの、大豆はやはり愛犬にとってはアレルギーの原因の一つになってしまいます。

 

ですので、もし愛犬に豆類などのアレルギーがある場合は、ソリッドゴールドを与えるのは避けた方が良いと言えますね。

 

更には食いつきを良くする為か塩も配合されています。

 

本来犬は汗をかかない動物なので人間のように食塩必要事がなく、素材に含まれる塩分のみで問題ないのですが、こうして塩を追加で添加してしまうと、人間でいう高血圧などの病気も懸念されてしまいます。

 

塩などの調味料も、本来であれば配合してなければ、もっと評価の高いドッグフードになったのではないでしょうか。

 

コスパが悪く、続けにくい部分も

知るッドゴールドは配合されている素材や成分を見ても、安心感を覚えるポイントが非常に高いドッグフードではありますが、気になるのはコスパです。

 

今回紹介しているのはお試しタイプに丁度良い1.8Kgのものですが、このグラム数で2,000円前後なので、若干高いと感じてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

コスパ重視でドッグフードを選んでいる場合ですと、やはり継続が難しくなってしまう事も考えられます。

 

【ソリッドゴールド/口コミ】実際の購入者の感想はコチラ

アメリカの有名誌にも取り上げられたという事で、安心して購入する事が出来ました。

 

少し高かったけど、肥満気味の愛犬が少しづつ痩せてきたので良かったです。一気に体重を落とすのではなく、栄養バランスも豊富なので健康的にダイエットできるものだと感じました。

 

今までのドッグフードよりも食いつきが良かったです。

 

ソリッドゴールドを与えたからと言って特に健康に支障はなく、しっかり栄養を摂取している為か、毛並みがつやつやしてきました。

 

口コミでも評判が良かったので買ってみました。うちの子はやや肥満気味なのでダイエットを始めようと思い購入しましたが、与えてからこれまで特に痩せる気配はありません。

 

ただ、太らない体質にはなってきたなと実感出来ているので、このまま継続して続けようと思います。

 

ダイエット目的で購入しましたが、コスパが悪い為途中でやめてしまいました。

 

ソリッドゴールドを与えている時は問題なかったけど、別のフードにしてから太るように…。

 

予算があれば、またソリッドゴールドに戻したいと思っています。

ソリッドゴールドドッグフードのメリットは、有名雑誌に紹介される程の高い品質の素材を使っているという部分です。

 

「〇〇ミール」と表記はされていますが、雑誌にも取り上げられたドッグフードという事で、品質の高いものを使っており、これらは副産物ではない事が予想されます。

 

やはり肉類の副産物や動物性油脂が配合されていないのは、選ばれる大きなポイントにはなるのではないでしょうか。

 

また、お魚を中心として作られているのでカロリーが低くヘルシーな仕様になっているので、ダイエットにも向いているドッグフードです。

 

ヘルシーなドッグフードには栄養バランスの悪いものもありますが、ソリッドゴールドには果物や野菜などがバランスよく配合されているので、ダイエット中でも栄養バランスを損なわず、安心して与える事が出来るでしょう。

 

ただし、気になるのは大豆と塩が配合されてしまっている所です。

 

小麦やトウモロコシは配合されてはいませんが、大豆もアレルギーを持つワンちゃんも多い為、気にされる飼い主さんも多くいらっしゃるかと思います。

 

また、塩は本来素材に配合されているもので十分なので、追加で塩を添加する必要はありません。与えすぎる事で高血圧などの病気の可能性も出てくるので、カロリーが低く栄養バランスが整っており、ダイエット食に向いているだけにこれらの素材の配合は少し残念に思ってしまう部分もあります。

 

ただ、これらの事が気にならなければ、コスパに関してもそこまで悪くない印象がありますので、試してみる価値はあるドッグフードではないかと感じます。