MENU

ドッグフードの種類について解説!ドライやウェットってどんな犬に適してる?

ドッグフードと言っても、形状にはいくつか種類があります。

 

・ドライフード

・ソフトドライフード

・セミモイストフード

・ウェットフード

 

おおまかに分けるとこの4種類に分類されるので、どんなタイプのドッグフードなのか、どんなワンちゃんに向いているのかなどをまとめてみました(^^♪!

 

ドッグフードの種類と特徴のまとめ!

ドライフード

一般的なドッグフードと言えばコレ。含有されている水分量は10%以下のものを「ドライフード」と呼んでいます。

 

ドライタイプは水分量が少なく加熱処理されている為、長期的な保存に向いているドッグフードです。とは言っても、あまりにも長く保存出来るフードは酸化防止剤などがたっぷり配合されている可能性がある為、注意が必要です。

 

無添加でヒューマングレードの原材料を使ったものだったり、肉類の含有が全体の半分以上も配合されている贅沢なドライフードなど、様々な種類のフードが販売されています。

 

与えやすいというメリットはありますが、チワワなどの小型犬だとアゴが小さく噛む力が弱い為、ドライフードだと食べにくい時があるので、小型犬用のドライフードを購入するようにしましょう。

 

ソフトドライフード

ドライフードの水分含有率は10%以下に対し、ソフトドライタイプは25〜35%もの水分を含有しています。なので、ドライタイプと比べると柔らかくしっとりしているのが特徴。

 

ドライフードのような「かりっ!」とした歯ごたえはありませんが、適度に水分を含んでいる事により、食感が生肉に近くなる為、好むワンちゃんも多いようです。

 

また、噛む力も少なく済むので、シニア犬や顎の力が弱い小型犬などにも向いていると言われており、食欲がない時などでもスルっと食べられるワンちゃんも多いようです。

 

半生タイプを好むワンちゃんは多いですが、水分量が多いとカビや雑菌が繁殖しやすい為、保存料を通常よりも多く使用しないと、長期保存には向きません。
基本的に半生タイプは保存期間が短いのですが、市販などで売られているタイプは長期保存タイプ。これは保存料をたっぷり使用している為なので、購入時は注意が必要です。

 

セミモイストフード

セミモイストフードもソフトドライフードと同じ位の水分含有量があります。この2つのタイプはよく似ているのですが、製造方法に違いがあるようです。

 

ソフトドライフードの形状はドライフードと同じ形状に対し、セミドライフードはフードを製造機で押し出して細かく切断していくので、いわばイメージは「ところてん」を作るようなイメージかと…。

 

ソフトドライフードも食べやすい為、愛犬が好む傾向がありますが、一度与えてしまうとドライフードを食べなくなる可能性があるので注意。ドライフードよりもセミドライフードの方が価格が高いので、「しまった…!!」なんて事がならないようにしたいですね(;^ω^)

 

セミドライフードも水分含有量が多い為、保存料がたっぷり使われている可能性があります。しっとり保ための潤滑剤なども合わせると結構な数の添加物を使用している可能性もありますので、購入の際は原材料をしっかりチェックしましょう!

 

ウェットフード

ウェットフードは更に水分含有率が多く、大体平均して75%ほどが含まれています。このままでは長期保存に不向きなので、レトルトパウチや缶詰めなどに入って販売されています。

 

セミモイスト・ソフトドライタイプもおいしいと感じるワンちゃんが多いようですが、ウェットタイプのフードは格別なようです。

 

非常に食べやすく愛犬にとって好みの味付けである事が多いので、ウェットタイプに慣れるとドライフードを食べなくなる可能性も高まる為、食欲がない時の非常食や、ご褒美などの特別な時にあげたいですね。

 

また、ウェットフードのみを与え続けると「アゴの力が弱くなる」といったデメリットもあるので気を付けたい所です。