MENU

セレクトバランスドッグフードの成分を分析して安全性をガチ評価|口コミも

セレクトバランスドッグフード

【出展:Amazon

セレクトバランスドッグフードは体系が小さめの日本の愛犬に合わせて作られているドッグフードで、カロリーも抑え気味で作られているのが特徴です。

 

仕様している素材はヒューマングレードであり、オリゴ糖やコエンザイムQ10などを配合しており、愛犬の健康維持を考えた仕様となっていますが、実際には安全性などが気になりますよね。

 

合成着色料なども無添加なのは嬉しいですが、どんな素材が使われていて、安全性はどうなのか?しっかりチェックしていきたいと思います!

 

今回はセレクトバランスドッグフードの中でも「アダルトチキン」についてをチェックしています。

 

参考価格 3,186円/3Kg
メイン食材 チキン
ライフステージ 成犬用
タンパク質 22.0%
粗脂肪分 13.0%
粗灰分 7.0%
繊維 5.0%
水分 10.0%
原産国 アメリカ
カロリー 350kcal/100g
総得点 85点

 

 

セレクトバランスドッグフード/アダルトチキンの総合評価

【総合評価チャートはコチラ】

セレクトバランスドッグフード

 

セレクトバランスドッグフードは合成着色料が無添加で、人間が食べられる素材(ヒューマングレード)の高い品質の素材を使用しています。

 

安心して与える事が出来る反面、米やトウモロコシなどの穀類も配合されているので、アレルギーをお持ちのワンちゃんには不向きでもあるでしょう。

 

価格は1Kgで大体1,000円前後なので、小型犬や食事量が少ない愛犬のお家だと続けやすい価格ではあると思います。

 

セレクトバランスドッグフード/アダルトチキンの配合素材と成分

【配合原材料・成分】

チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、鶏脂、ビートパルプ、チキンエキス、乾燥卵、キャノーラ油、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

※気になる原材料は赤字で表記しています。

 

セレクトバランスドッグフードは全体的に見て人工的な添加物が少なく、安心して与える事が出来る部類のドッグフードではありますが、やはり気になるトウモロコシや米、玄米などの穀類です。

 

穀類は栄養価が高い反面、ワンちゃんにとってはアレルギーの原因にもなりやすいので、出来ればドッグフードでは避けたい素材でもあるのです。

 

また、原材料に記載されている「鶏脂」については、公式HPなどで「副産物は不使用」と記載があるので、良質なチキンの脂である事が予想されます。

 

セレクトバランスドッグフード/アダルトチキンの安全性を評価

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 4 12
甘味料 3 1 3
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 85

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:85点

 

【セレクトバランス】おすすめポイントのまとめ【アダルトチキン】

セレクトバランス

セレクトバランスドッグフードが選ばれる理由についてをまとめています。どんなおすすめポイントがあるのでしょうか?こちらをチェックしていきましょう!

 

原材料にこだわったドッグフード、安心して与えられるこだわりも!

セレクトバランスドッグフードには4つのこだわりがあります。

 

〇ヒューマングレードの材料を使用
〇オリゴ糖で腸内環境改善
〇独自のうまみエキスを配合
〇人工的な添加物不使用

 

大切な愛犬に与えるものですから、やはり素材からこだわりたいもの。セレクトバランスドッグフードはヒューマングレードの材料を使用しており、人間が食べられる程の高品質の原材料を使って作られています。

 

また、人工的な保存料などの添加物を配合せずに作られているので、こうしたこだわりが安心感を生むのだと思います。

 

無添加タイプのドッグフードは食いつきが悪いとの口コミも多いのですが、独自のうまみエキスを配合しているので、好む愛犬も多いかと思います。

 

続けやすい価格帯も魅力の一つ

セレクトバランスドッグフードは3Kgで3,000円前後と、市販のちょっと良いドッグフードとあまり大差ない価格帯なので、続けやすいのも特徴の一つです。

 

どんなに良いと言われるものでも、やはりコスパが悪いと続けるのが難しく、意味がありませんよね。

 

こうしたコスパが良く配合素材にもこだわって作られているドッグフードは飼い主さんにとっては重宝出来るドッグフードではないでしょうか。

 

小型犬や食事量の少ない愛犬ですと3Kgでも結構持ちますので、愛犬の補給量にもよりますがコスパは良いと言えるでしょう。

 

【セレクトバランス】気になる点のまとめ【アダルトチキン】

セレクトバランス

セレクトバランスドッグフードを購入する上で、気になる点についてをいくつか挙げてみました。

 

穀物類が入っているのでアレルギーの愛犬には注意を!

セレクトバランスドッグフードの原材料を見てみると、配合されている素材に「トウモロコシ」や「玄米」などがありますが、これらの穀物はアレルギー性が高い素材でもあります。

 

特にトウモロコシは消化・吸収がしにくい素材であり、アレルギー性も高い為、穀物の中でもダントツで配合して欲しくない素材でもあります。

 

また、お米や玄米も一見健康的には見えますが、愛犬にとってはアレルギーの一員にもなってしまう成分でもあります。
その他の成分としてはグルコサミンやコンドロイチン、ビタミン類などがバランスよく含まれているだけに、やはりアレルギー性の高い穀物類が配合されているのは残念でもあります。

 

甘味料が配合されている

「ビートパルプ」という素材が配合されていますが、このビートパルプはサトウダイコンから砂糖を摂取した後の絞りカスであり、甘味料として使われている素材です。

 

この絞りカスには栄養素などは一切含まれておらず、むしろ摂取しすぎる事で便を硬くしてしまうので、便秘になってしまう可能性も否めません。

 

また、ビートパルプは材料のかさましとしても使われている素材である為、本来であればドッグフードに配合して欲しくはない原材料でもあると言えるでしょう。

 

セレクトバランスドッグフードの口コミ【実際の購入者の本音のまとめ】

いくつか種類があり選ぶのに迷いましたが、今回はアダルトチキンをチョイス。

 

うちの愛犬にとってはお気に入りの味みたいで、食いつきも良く満足してくれたみたいです。

 

アレルギーなども特にない子なので、体調面でも問題ありませんでした。

 

栄養素は豊富なのにカロリーが低い為、日常的な食事として最適かな、と思います。

 

ただ、与え始めてから少し便秘がちになってしまったのは残念です。便秘が酷く続くようなら、他のドッグフードも検討します。

 

このドッグフードは苦手なようで、あまり食べてくれませんでした。

 

栄養バランスも良かったので試しに買ってみましたが、結局残ってしまったので残念です。

 

涙やけを起こしてしまって、皮膚を痒がるようになってしまいました。便秘がちになってしまい、ドッグフードを替えようかどうか検討していた時に成分表を見たら、穀物類が結構多く配合されているんですね。

 

多分穀物がダメだったのかな?今まで気にしていなかったのですが、これからは配合されている素材も気を付けて選ぶようにしようと思いました。

セレクトバランスドッグフードはカロリーが抑え気味になってはいますが、栄養バランスが良いので選ばれる飼い主さんも多いドッグフードです。また、ラインナップも多いので愛犬の好みに合わせて選べるのもメリットではあります。

 

ただ、やはり気になるのが穀物類の配合と、甘味料の配合ですね。

 

人工的な添加物は一切配合されていないので安心感は強いですが、穀物類にアレルギーを持っている愛犬には不向きです。

 

また、甘味料として配合されているビートパルプは与えすぎる事で便秘の一つの原因にもなってしまうので、「与え始めてから便秘気味になった」という愛犬は、ビートパルプが原因になってしまっているかもしれません。

 

もし与え始めてから何らかの変化が見られた場合はスグに中止して、獣医さんに相談して下さいね。

 

セレクトバランスドッグフードには穀物類や甘味料が配合されているのでやや心配な部分はありますが、コスパもそこそこ良く栄養バランスも良いので、愛犬の体質に合っているのであれば問題なく与える事が出来るかと思います。

 

まずは試してみたい、という場合でも、スグにセレクトバランスドッグフードに変えるのではなく、現在与えているドッグフードに少しづつ混ぜて様子を見ていき、体調などに問題が無ければ1週間を目途に差し替えてみて下さいね。

 

始めて与える原材料が配合されている場合は注意して愛犬の体調を管理する事が大切です。