MENU

魚を使ったおすすめのドッグフードを比較!どんなメリットがある?

魚は動物性タンパク質をしっかり摂取できる上、非常にアレルギー性が少ない為、原材料としても優秀なドッグフードです。

 

健康を保つ上で欠かせない栄養素が沢山摂取できる為、ドッグフードに適した原材料とも言えます。

 

獣肉にアレルギーを持っている犬に対しても与える事が出来る為、安全性が高い原材料でもありますが、魚をメインにつかttあドッグフードにはどういったメリットがあるのか、知らない飼い主さんもまだまだ多いです。

 

こちらのページでは魚使ったドッグフードを与える事でどんなメリットがあるのか、また魚を使ったドッグフードの選び方のポイントなどをまとめていますので、ぜひ参考にして下さい(^^♪

 

魚を使ったドッグフード【メリットは?】

犬は本来肉食なので、魚を使ったドッグフードだと物足りないのでは?と思う反面、魚と深い関わりのある日本に住んでいる犬にとっては、馴染みのある原材料の一つでもあるのです。

 

今は海外産のドッグフードにもサーモンなどが使われる事もあり、魚の栄養素が犬にとっても良いものだと認識されてきています。

 

そんな魚を使ったドッグフードを与える際のメリットについてまとめてみました。

 

肉と違い非常にヘルシーである

魚は高タンパクに優れていますが、脂肪分が少ない為非常にヘルシーな原材料です。

 

動物性脂質はカロリーが高い傾向にありますが、魚などの脂肪分は肉と比べるとカロリーも少ない為、犬の健康管理に適しているのです。

 

DHAやEPAが豊富

魚にはDHAとEPAといった成分が豊富に含まれていますが、これらの成分にはオメガ3系オイルが含まれています。

 

特にDHAは脳の発達に良いと言われている成分であり、EPAには高血圧に対する抵抗を高める作用や血栓の予防などの作用がある為、健康をサポートする上で非常に優秀な原材料となっています。

 

カルシウムが豊富

魚に含まれているカルシウムは、犬の骨や歯の健康を守る為に欠かせません。また、カルシウムはイライラを鎮める成分としても知られており、リラックス効果を期待する事も出来ます。

 

肉に比べてアレルギー反応が出にくい

牛肉や鶏肉にアレルギーを持つ愛犬は少なくありませんが、魚はアレルギー性が非常に低い為、安心して食べられる原材料の一つでもあります。

 

魚は肉類と比べると消化・吸収に優れている為であり、そういった点からアレルギー性が低い原材料として、メインに使われる事も多くなってきました。

 

 

魚は肉に比べると非常にヘルシーで高たんぱくな原材料です。アレルギー性も低いので、肉類のアレルギーを持つ子にとっては頼れる原材料とも言える魚ですが、肉と比べると食いつきが良くないケースが見られるとの事。

 

本来犬は肉食なので、嗜好性には欠けるようなので、なるべく犬の嗜好に近づけた魚メインのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

また、ドッグフードを選ぶ際は原材料の品質の他に、添加物や穀類の配合の有無もしっかり確認しておきましょう!

 

魚を使ったドッグフードでおススメは?食いつきが良く高品質な魚メインのドッグフードはコレ!

オリジン

オリジンの特徴

オリジンの「SIX FISH」はは、ニュージーランド沖の自然の海で採れた、様々な種類の魚をブレンドして作られている、魚メインのドッグフードです。

使用している魚はん「ニューイングランドサバ」、「ニシン」、「カレイ」、「レッドフィッシュ」、「アンコウ」、「シルバーへイク」の6種類を最適な状態でブレンド。丸ごとの魚を配合しているので、栄養素はばっちり!なドッグフードです。

天然魚配合率が85%、その他野菜や果物の配合が15%と非常に安全性の高い配合率であり、気になるグレインなどは一切配合されていません。

サプリメントとして配合されているのは亜鉛と銅のみで、その他の栄養分は自然の食材からしっかり補給する事が出来る仕組みになっています。

オリジンシリーズは無添加にもこだわったドッグフードなので、安心して与える事が出来ますね。

気になる食いつきに関しては、タラレバーを注入する事により改善しています。

価格 2.27Kg/6156円
評価 評価5
備考
オリジンの総評

オリジンのシリーズは何と言っても高品質で安全性が高いのが選ばれているポイントになります。

全てのドッグフードにおいて「無添加」「グレインフリー」としており、メインの肉の配合率が非常に高いのがお勧め出来るポイントの一つ。
魚メインである「SIX FISH」も丸ごとの魚の配合率が全体の約85%と非常に高く、魚本来が持つ栄養素をしっかりと補給する事が出来ます。

魚メインのドッグフードは食いつきが悪いと言われがちですが、食いつきの悪さを改善する為にタラレバーを注入し、犬の嗜好に近づけているのも評価できるポイントですね。

アカナ

アカナの特徴

優良ドッグフードの一つであるアカナの「パシフィカドッグ」は、魚をメインに作られているドッグフードです。

天然のニシン、イワシ、カレイ、メルルーサ&メバルを生の状態で贅沢にブレンドしているので、新鮮で非常に品質が良いのがパシフィカドッグの売りです。

魚メインのドッグフードなのにタンパク質量は35%以上と、肉メインで作られているドッグフードと引けを取りません。

犬本来の食事に合わせて低炭水化物で作られていますので、安心して愛犬に与える事が出来ます。

少々魚臭いと口コミでもありますが、魚臭さは無添加の証拠!安全性の高い魚メインのドッグフードと言えますね。

価格 2kg/6264円
評価 評価4
備考
アカナの総評

アカナのドッグフードシリーズには色々種類がありますが、お魚メインのドッグフードも品質が高くおススメです。

アカナはどのシリーズにおいても「無添加」と「グレインフリー」にこだわっており、パシフィカドッグも同じく無添加でグレインフリーです。

新鮮な生の状態のお魚をたっぷり配合しているので、高タンパクなのにヘルシーで食べやすいドッグフードとなっています。

色んな原材料を「丸ごと」配合しているのがアカナの自慢であり、こちらも犬の嗜好に合わせて作られているドッグフードなので、これまで魚メインのドッグフードを好まなかった愛犬にもおススメですよ(^^)/

ティンバーウルフ

ティンバーウルフの特徴

ティンバーウルフの「オーしょんブルー・レジェント」も、お魚をメインにして作られている高品質のドッグフードの一つです。

「リビングにいる狼、再び!」のキャッチコピーがカッコイイですよね。

ニシン、ホワイトフィッシュ、サーモンの3種類の魚を使用し作られており、アレルギーや関節炎、ストレスを持った犬に最適なドッグフードです。

魚メインではあるものの、野菜や果物、栄養素などが非常にバランス良く含まれておりますので、物足りなさを感じずに食べる事が出来る満足度の高いドッグフードになっています。

タンパク質は34%以上と非常に高く、カロリーが100g406キロカロリーとやや高い為、肥満気味の愛犬には向かないかもしれません。

価格 1.36Kg/3348円
評価 評価3
備考
ティンバーウルフの総評

非常に多くの原材料を使って作られているので、お魚だけではなく様々な材料の栄養素をバランス良く摂取できるのがポイントです。

添加物も不使用なので安全性が高い面も評価できますね。

穀類の配合もありませんので、犬の体に負担をかける事なく健康をサポート出来ます!

お魚メインのドッグフードなのにタンパク質量は高く、栄養面ではバランスがとれているドッグフードではありますが、カロリーが少々高いので、肥満気味の愛犬には控えた方が良さそうですね。

カロリーを多く必要とする病後の回復期などに向いているドッグフードかと思います。