MENU

療法食ドッグフードを選ぶならコレ|体調が悪い場合に

犬の体調が悪い時など、普段与えているドッグフードを食べたがらない時は、療法食ドッグフードに切り替えてあげましょう。

 

特にアレルギーなどが出ている場合は、スグにドッグフードを療法食に切り替えてあげる事が大切です。

 

※療法食とは?
…愛犬の健康状態に合わせて、最適な栄養素を摂取出来るように作られているドッグフードで、体調を改善させる為に用いられます。
獣医師の指示の元で与える場合もありますが、体調不良などが気になった時は療法食として販売されているドッグフードを使い、様子を見たりします。

 

さて、療法食と一言で言っても、愛犬の状態に合わせて様々種類があります。症状に合わせて療法食を選ぶ必要性もありますので、どんな状態でどんなドッグフードが適しているか、まとめてみました!

 

療法食の効果について

アレルギー反応が出ている愛犬の場合

何らかのアレルギー症状が出てしまっている愛犬に対しては、低アレルゲンで構成された療法食がベストです。ただし、どんな原材料でアレルギーが出たか追及しておかないと、療法食によってはアレルゲンとなる原材料が配合されている事も考えられますので注意が必要です。

 

足腰が細く弱ってしまった愛犬の場合

関節のサポートをしてくれるコンドロイチンやグルコサミンなどが配合された療法食がベスト!弱った足腰の関節をサポートしてくれます。

 

お腹が弱っている愛犬の場合

お腹を下している時は、刺激性のある原材料は避けましょう。また、何を食べてからお腹を下したのか、しっかりと把握する事も大切です。お腹の調子が悪い時は、消化器官を助ける成分が入った療法食もありますので、そちらを与えるようにしましょう。

 

腎疾患を患っている愛犬の場合

腎疾患を改善するには、タンパク質やリンを制限する必要があります。低タンパク質でビタミン群をたっぷり配合した療法食がベストです。

 

免疫機能が低下している愛犬の場合

免疫機能が低下している時は、下手にドッグフードを与えてしまうとかえって悪化する可能性があります。獣医師の指示の元、上手に療法食を使うようにしましょう。

 

愛犬の状態に合わせて療法食を選ぶのも大切ですが、もう一つは「療法食を選ぶポイント」です。

 

病気の愛犬になるべく負担をかけないよう、無添加で穀類が配合されていないタイプのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

療法食でおススメは?ランキング形式で発表!

プリスクリプション

プリスクリプションの特徴

プリスクリプションドッグフードは療法食としても有名なブランド。獣医師もおススメする位の品質の良さと、愛犬の症状に合わせた豊富なシリーズが選ばれている一つのポイントです。

犬に必要な栄養素だけではなく、症状に合わせた最適な栄養素を与える事で病気の改善に取り組んでいけるので、愛犬がどんな状態なのかをしっかり把握しておく事も、療法食で体調を改善する為に必要な事になります。

尿ケアや腎臓ケア、お腹のケアなど含めていくつものラインナップがあるので、愛犬の症状に合わせて最適なドッグフードを選ぶ事が出来ます。

価格 種類に応じて異なる円
評価 評価5
備考
プリスクリプションの総評

プリスクリプションは獣医師もおススメする療法食ドッグフード。症状ごとに細かくラインナップが分かれているので、愛犬の症状にピッタリのドッグフードを選ぶ事が出来ます。

病気の改善だけではなく、体重管理・関節のサポート・皮膚や毛ツヤのサポート・消化のサポート・口腔内のケアなどにも対応しているので、愛犬の健康をしっかりとサポートする事が出来るドッグフードです。

療法食だからといって栄養価が低い訳ではないのでご安心を!本来犬にとって必要な栄養素はしっかり配合されているので、安心して与える事が出来ます。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンの特徴

ロイヤルカナンは療法食としても有名なブランドのドッグフードです。

画像のドッグフードはアレルギー対応のドッグフードで、食物アレルギーによる皮膚疾患や消化器疾患の改善の為の療法食ですが、その他にも各症状に合わせた療法食ドッグフードを扱っています。

療法食であっても、犬に必要な毎日の栄養素はしっかり補給しなければなりませんが、タンパク質量は26%と療法食では理想的なパーセンテージになっています。

酸化防止剤や着色料などは無添加なので、体調不良の時でも安心して食べさせる事が出来るでしょう。

価格 製品によって異なる円
評価 評価4
備考
ロイヤルカナンの総評

ロイヤルカナンは愛犬の気になる症状に合わせて、5つのドッグフードを展開しています。

今回使用した画像のドッグフードはアレルギー対策用のドッグフードですが、下部尿路疾患用や腎臓サポート用などがあるので、愛犬の症状に合わせてドッグフードを選んでください。

症状に合わせたドッグフードを与える事が改善の一つのキーポイント。必要であれば獣医師の指示の元、適切なドッグフードを与えるようにしましょう!

ドクターズダイエット

ドクターズダイエットの特徴

ドクターズダイエットは動物病院専用bのドッグフードです。病気の愛犬にも安心して食べさせる事が出来るのが嬉しいですね。

また、ドッグフードは国産なのも嬉しいポイント。国産にこだわる飼い主さんは多いので、療法食も国産を検討している方におススメです。

酸化防止剤や着色料なども使用されていないので、安全性は高いドッグフードだと言えます。

専門家も認める動物病院専用のドッグフードで、ラインナップも豊富なので、迷ったらドクターズダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

価格 3.8Kg/3137円
評価 評価3
備考
ドクターズダイエットの総評

ドクターズダイエットは「ダイエット」とありますが、愛犬の症状に合わせていくつかのラインナップがあります。

まず、皮膚疾患が気になる愛犬の為の皮膚スキンケア用ドッグフードや、シニア用の療法食などが販売されているので、愛犬の状態に合わせて適切なドッグフードを選びましょう。

愛犬の年齢にあったケアを行う事が出来るので、それぞれの年齢に応じた健康管理を行う事が可能です。