MENU

老犬用のドッグフードはどういう基準で選ぶ?おすすめのドッグフード比較

犬が7歳前後を迎えると、成犬期からシニア期へとドッグフードを移行する飼い主さんも多くなります。

 

犬のステージには「子犬期」「成犬期」「シニア期」の3つのステージに分ける事が出来ますが、シニア期は成犬期と比べるとエネルギー消費率が落ちてしまいますので、若い時と同じドッグフードを与え続ける事で肥満傾向になってしまう可能性があります。

 

とは言っても、身体機能を維持するためにはそれなりのカロリーが必要になりますから、低カロリーすぎるドッグフードでは体力を維持する事が出来ません。

 

シニア期こそドッグフード選びが難しいと言われていますので、老犬用のドッグフードをどんな基準で選べば良いのかを徹底的にリサーチしてみました!

 

 

老犬用(シニア用)のドッグフード選びの正しい基準とは?

まずは「愛犬の状態」を見極め、シニア用ドッグフードに移行するかどうかを検討します。

 

・寝ている時間が多くなる

・食欲が落ちてくる

・散歩に行きたがらなくなる

・疲れやすくなった

 

こういった状態が多くみられるようになったら、現在与えているドッグフードからシニア期用のドッグフードに移行するか、全ステージ対応のドッグフードを与えている場合であれば、供給量の調整を行っていきます。

 

少ない供給量でも栄養素をしっかり補給できるものを選ぶ

老犬用になると、若い頃と比べるとどうしても食欲が落ちてしまう傾向にあります。

 

それでも体力を維持していかなくてはなりませんので、タンパク質量と脂質量をしっかり補給できrうドッグフードをチョイスします。

 

少ない供給量でもしっかり栄養を補給できるドッグフードはカロリーが高い傾向にありますので、その点にも注意が必要です。

 

動かなくなってきている為、エネルギーの消費率も落ちてきている事が多いので、あまりにカロリーが高いドッグフードを与えてしまうと肥満になる可能性も高くなりますので注意が必要です。

 

無添加で新鮮な原材料を使ったものを選ぶ

これは老犬だけではなく、子犬や成犬にも言える事ですが、歳を取ると内臓機能も低下してしまう為、消化不良を起こしやすくなってしまいます。

 

その為、選ぶドッグフードは無添加で新鮮な原材料を使用した、品質の高いものを選ぶようにしましょう。

 

また、消化器官に負担をかけにくいタイプのドッグフードを選ぶ事も大切です。

 

 

老犬におススメのドッグフードは?【ランキングで比較!】

実はシニア期のドッグフードの選び方が一番難しく、身体機能が落ちている為品質が高いものでないと、消化する際に体に負担をかけてしまう事が考えられます。

 

その為、老犬用のドッグフードこそしっかりしたものを選ぶようにしましょう!

 

老犬用のドッグフードを選ぶ際の参考にして貰えたら嬉しいです(*‘∀‘)!

 

ブッチ

ブッチの特徴

ブッチドッグフードはウェットタイプのドッグフードです。「ホワイト」「ブラック」「ブルー」の3種類があるので、愛犬の好みに合わせて選べるのがベスト。

ウェットタイプのドッグフードは水分量が多いので好む愛犬も多く、特にシニア犬は食欲も低下しアゴの力も弱くなるので、ドライフードよりも食べやすい傾向にあるようです。

タンパク質量も豊富で、水分量も多いので消化しやすく内臓に負担をかけにくいタイプです。

また、ブッチドッグフードはオールステージに対応しているフードなので、愛犬の状態によって切り替える手間がありません。供給量を調整する事で対応できます。

ドッグフードを変えると途端に食べなくなるという可能性もありますので、普段食べなれているドッグフードで対応できるのは嬉しいですよね。

価格 1404円
評価 評価5
備考
ブッチの総評

老犬用にぜひおススメしたいドッグフードはコレ!!

一番のおススメポイントは「ウェットタイプ」という事。老犬はアゴの力も弱くなるので、硬いドライフードだと食欲が低下して食べてくれなくなってしまう事も多いと聞きます。

ウェットフードは水分が多いので食べやすく、まるで生肉を食べているような品質の良さが特徴。

ブッチドッグフードもニュージーランド産のトレーサビリティが保証されている安全性の高い原材料を全ての種類に使用している為、安全性や品質も高いので安心して与える事が出来ますね。

ブッチはオールステージ対応のドッグフードなので、年齢に応じて切り替える必要もなし。切り替える事でドッグフードを食べなくなってしまう愛犬もいるので、食べなれた味をずっと与える事が出来るのは嬉しいですよね。

ナチュロル

ナチュロルの特徴

ナチュロルは犬の食いつきを一番に考えて作られた、高品質のドッグフードです。

注目すべきは配合されている成分にポイントがあります。

高濃度のビタミンCをたっぷり配合する事で、体内から老化をサポートしてくれる効果を期待する事が出来ます。ビタミンCは免疫機能をサポートしてくれる為、体の内側から健康をサポートしてくれるのです。

また、ナチュロルドッグフードは国産フードなので高い品質をキープしたまま新鮮な状態で愛犬に与える事が出来るというメリットもあります。

ドッグフードの品質の劣化は老犬に対しては注意しなければなりませんので、国産で新鮮な状態のドッグフードを与えられるナチュロルは、シニア期におススメのドッグフードでもあります。

価格 1.7kg/6000円
評価 評価4
備考
ナチュロルの総評

ナチュロルはドライフードではありますが、タンパク質や脂質などの栄養素が豊富。また、配合されている成分が健康のサポートに対して非常に優秀であり、体の機能が落ちてきている老犬にピッタリなドッグフードだと言えますね(^^)/

老犬は食欲が落ちてきてしまっているので、一番は「しっかり食べてくれるドッグフードを選ぶ」という事。食欲が落ちているからこそ、身体機能を維持する為にしっかり栄養を補給しなければいけません。

また、タンパク質量が高すぎたりカロリーが高すぎてもNG。エネルギー消費も落ちてしまっている為、あまりに高いカロリーの食事を与えていると肥満になる可能性も高いのです。

ナチュロルドッグフードは栄養素は豊富ですが、供給量をしっかり調整すればOK。面倒なフードの切り替えもしなくてよいので、非常に与えやすいドッグフードと口コミでも評判です!

カナガン

カナガンの特徴

カナガンはオールステージ対応型のドッグフードです。子犬期や成犬期だけではなく、シニア期でもOK!

カナガンは犬が本来必要とする栄養素をたっぷり配合したドッグフードなので、供給量を調整してあげるだけで、シニア犬に必要な栄養素をしっかり摂取する事が出来ます。

厳選された原材料を使用しており、グレインフリー・無添加にこだわったドッグフードなので、内臓機能が弱ってきてしまったシニア犬へ与えるのに最適なドッグフードでもあります。

シニア犬になるとドライフードを嫌がる傾向にありますが、カナガンは愛犬の食いつきが良いと口コミでも評判のドッグフードです。

シニア犬でも好む嗜好になっているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

価格 2kg/3960円
評価 評価3.5
備考
カナガンの総評

オールステージに対応出来るドッグフードはやはり重宝します。ステージごとに切り替える必要がなく、無駄に効果なシニア用フードを購入しなくても良いので、結果的にコスパも◎!

また、長い間慣れ親しんできたドッグフードなので犬も食べやすく、食事量の変化が見られた時に供給量を調整すれば良いだけなので、切り替えもとても簡単です。

カナガンは特に獣医師などからもおススメされているドッグフードですので、信頼感はとても高いですね。

グレインフリー・無添加でもあるので、身体機能が落ちてきてしまっている老犬の体にも優しいドッグフードです。