MENU

プロネイチャーホリスティックドッグフードの口コミや評判まとめ|成分から安全性も評価しました

プロネイチャーホリスティックドッグフード

【出展:楽天市場

プロネイチャー ホリスティックドッグフードはフレッシュサーモンを主原料としているドッグフードなので、肉類にアレルギーを持つ愛犬に最適なドッグフードでもあります。

 

その他オメガ3・6やビタミン・ミネラルが豊富な素材も配合しており、栄養食として最適なドッグフードとの事ですが、実際の原材料の安全性はどうなのか気になりませんか?

 

コチラではプロネイチャー ホリスティックドッグフードの原材料の一覧や原材料の安全性などをチェックしていきます。まずは栄養面や価格の部分について触れていきますね。

 

参考価格 8,096円/6.8Kg
メイン食材 サーモン・玄米
ライフステージ 成犬用
タンパク質 22.0%
粗脂肪分 12.0%
粗灰分 8.0%
繊維 4.0%
水分 10.0%
原産国 カナダ
カロリー 395kcal/100g
総得点 81点

 

 

プロネイチャーホリスティックドッグフード:総合評価はコチラ

【総合評価チャートはコチラ】

プロネイチャーホリスティックドッグフード

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードの総合評価です。

 

5点が最高点になりますが、ホリスティックドッグフードは最高4点という結果でした。点数が低くなってしまったのはアレルギー性のある原材料が多かった事や添加物が配合されているという点でしょうか。

 

また、コスパに関しても品質の割に高いといったイメージもあり、全体的に評価が低くなってしまっています。

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードの原材料一覧はコチラ

【原材料一覧はコチラ】

フレッシュサーモン、チキンミール、玄米、挽き割り大麦、オート麦、米、じゃがいも、レシチン、エンドウマメ、鶏脂(ミックストコフェロールにて抗酸化処理)、ニシン、チキンダイジェスト、乾燥リンゴポマース、乾燥トマトポマース、全粒亜麻仁、酵母エキス、タウリン、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、カニ・エビ粉末、ニュージーランド緑イ貝、ナマコ、有機乾燥ブルーベリー、有機乾燥パイナップル、アボカド、有機キヌア、有機乾燥海藻、有機乾燥アルファルファ、有機緑茶抽出エキス、有機乾燥ローズマリー、有機乾燥パセリ、有機乾燥スペアミント、有機コロハ、有機乾燥ホウレンソウ、有機乾燥ブロッコリー、有機乾燥カリフラワー、ビタミン類(塩化コリン、C,E,ナイアシン、パントテン酸カルシウム、A、D3、B1、ビオチン、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、B12、葉酸)、ミネラル類(リン酸二水素カルシウム、リン酸一ナトリウム、塩化カリウム、食塩、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、酸化マンガン、亜セレン酸ナトリウム、キレート亜鉛、キレートマンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト、キレート銅)

※気になる成分は赤字で表記しています。

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードの原材料はコチラになります。

 

気になる素材がいくつかありますが、一番気になるのはアボカドです。アボカドは本来犬に与えてはいけない原材料の一つと言われているので、きちんと処理して安全性は高いとは言っても心配になる飼い主さんは多いかと思います。

 

また、穀類の配合も多く、添加物である食塩なども配合されている事から、グレードはやや低めという印象です。

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードの安全性をチェック!

【安全性評価チャート】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 1 5
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 4 12
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 2 2
総得点 81

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:81点

 

【プロネイチャー】ドッグフードのおすすめポイントは?気になるメリットはコチラ【ホリスティック】

プロネイチャーホリスティックドッグフード

プロネイチャーホリスティックドッグフードのおすすめポイントについてを解説しています。どんな部分が選ばれているのか、コチラのまとめを参考にして下されば嬉しいです!

主原料がサーモンなので減るしでアレルギー性が低いのが嬉しい!

プロネイチャーホリスティックドッグフードの主原料はサーモンです。その次にチキンの配合がありますが、牛肉などのアレルギーを持つ子には最適なドッグフードではないでしょうか。

 

サーモンとチキンはお互い低カロリーでありながらタンパク質量が豊富なので、カロリーなどを気にせず与える事が出来るかと思います。

 

また、消化吸収にも優れている原材料でもある為、大切な愛犬の消化器官に負担をかけにくい素材でもあるのです。

 

 

愛犬の健康をサポートする栄養成分をたっぷり配合しているドッグフード

プロネイチャーホリスティックドッグフードには様々な栄養分が配合されています。

 

●オメガ3・6
⇒皮膚を健やかに保つ効果がある。
●ビタミンB群・E軍
⇒抗酸化作用や体内機能のサポートを行ってくれる必須ビタミンでもある。

 

食材としては栄養素の高い亜麻仁や酵母、果物や野菜などがバランスよく均等に配合されています。

 

食物から摂取できるビタミンやミネラルが豊富なので、より自然の状態で栄養価の高い成分をしっかり補給する事が出来るドッグフードだと言えますね。

 

【プロネイチャー】ドッグフードのデメリットは?気になる注意点はコチラ【ホリスティック】

プロネイチャーホリスティックドッグフード

プロネイチャーホリスティックドッグフードを購入する前に、必ずメリット・デメリットはチェックしておきましょう。こちらではデメリットについて解説しています。

 

アレルギー性のある原材料が配合されており、心配な部分が多い

プロネイチャーホリスティックドッグフードにはアレルギー性の高い原材料が配合されています。

 

●玄米
●挽き割り大麦
●オート麦
●米

 

また、これらだけではなく、じゃがいもも実はアレルギー性の高い素材として周知されています。じゃがいものアレルギーを持つ子は少ないのですが、やはりアレルギーの可能性がある為、ドッグフードへの配合は控えて欲しい部分でもあります。

 

その他気になるものとしては「チキンミール」で、ミール素材はくず肉や内臓、鳥の羽や血液、クチバシなどと言った捨てるような部位を使って作られているので、注意が必要です。。

 

香料や食塩も配合されており、不要な原材料や成分が多く入っているという印象です。

 

犬に与えてはいけないアボカドが配合されてしまっている

プロネイチャーホリスティックドッグフードには原材料にアボカドが配合されていますが、アボカドは犬には与えてはいけない食材の一つでもあるのです。

 

※なぜ与えてはいけないの?
⇒アボカドに含まれているペルジンと呼ばれる物質が中毒症状を引き起こすと言われています。(下痢や嘔吐の原因)

 

これはアボカドの種類などによっても配合量が変わってくるので一概には言えませんが、タネや果肉などにも配合されているので、注意が必要になります。

 

今のところ、プロネイチャーホリスティックドッグフードで中毒症状が見られたという話は聞きませんが、やはり中毒症状が出る原材料が配合されているのはかなり不安度も高くなってしまいますね…。

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードをチョイスした飼い主さんの口コミはコチラ

サーモンが主原料という事で、なんとなく安心感があるので購入してみました。

 

ただ、配合されている成分を見てびっくり。犬にとってあまりよくないものなどが配合されており、食べさせる前から辞めてしまいました。

 

結構な金額するのに、中身の原材料のグレードはそこまで良くないと感じました。

 

ずっとリピートしています!色んなフードを試してきたけど、一番食いつきが良かった。

 

お腹の調子も良くなり、口臭なども減ったので良いフードだと思います。

 

消化吸収に優れている事や栄養バランスが整っている面が気に入りましたが、与えてから皮膚を痒がってしまうように。

 

血が出るくらいまで掻きむしってしまうようになったので、とりあえず一時中断したら収まりました。何かしらのアレルギー食材
に反応してしまったのだと思います。

 

魚がメインのドッグフードだけど、そこまでニオイは気になりませんでした。

 

ただ、アボカドが入っていたのが気になってしまったので、結局与えず…。買う前に気が付きたかったです。価格は高いのに、どうして犬にとってダメなふぇん材料が入っているか不思議です。

 

プロネイチャーホリスティックドッグフードの口コミです。
中には何度もリピートしている方もいましたが、やはり気になるのは配合されている素材ですね。アボカドが配合されているので、安全性がいくら高くても、中毒症状などについて気になってしまい、与えず終わってしまったという飼い主さんも多かったです。

 

また、アレルギー性のある穀類の配合もあり、チキンミールなどのミール食材や香料、食塩なども配合されてしまっているので、愛犬の健康にとって本当に良いドッグフードなのかは微妙な部分でもあります。

 

品質のグレードはそこまで良くないのですが、6.8Kgで8千円前後するので、コスパはかなり高いと言えます。正直このグレードでしたら、もっと安くても良いのでは?と感じてしまいます。

 

とは言え、実際に与えて調子が良いという飼い主さんも居るので、愛犬の体質に合うかどうか、が一番大切ですよね。

 

もしアボカドなどの素材がどうしても気になるようなら、やはり与えない方が賢明ですが、合っているかどうか試してみたいという場合は、その他にもアレルギー性のある素材も配合されているので、愛犬にとって安全かどうかを見極めてから与えるようにしましょう。

 

切り替える際は少量ずつを1週間かけて増やしていき、体調などに問題がないと確認出来てから切り替えるようにして下さいね。