MENU

プロフェッショナルバランスドッグフードの成分分析!安全性は大丈夫か?口コミも紹介

プロフェッショナルバランスドッグフード

【出展:Amazon

プロフェッショナルバランスドッグフードは、犬の生育環境などにも配慮して作られているドッグフードです。

 

体格や健康のサポートをするだけではなく、室内飼いが多い日本の犬に対してローカロリー・低脂肪で作られているフードなので、運動量が少ない小型犬などにも適しています。

 

乳酸菌や納豆菌などの発酵菌を配合しており、健康にも良さそうですが、実際に配合されている原材料の安全性などが気になりますよね。

 

コチラでは安全性だけではなく、口コミや総合評価などもしっかりチェックしています!

 

参考価格 3,456円/3Kg
メイン食材 穀類
ライフステージ 成犬用
タンパク質 24.0%
粗脂肪分 10.0%
粗灰分 8.5%
繊維 3.5%
水分 10.0%
原産国 日本
カロリー 350kcal/100g
総得点 71点

 

 

 

 

プロフェッショナルバランスドッグフード/総合評価はコチラをチェックして下さい^^

【総合評価チャート】

プロフェッショナルバランスドッグフード

 

プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価になります。

 

総合得点は5点ですが、プロフェッショナルバランスは添加物の科目で5点を取得していますね。添加物の配合が無いドッグフードという事になります。

 

ですがアレルギー性の高い原材料やミール系の原材料材などが配合されてしまっている為、全体的に低い評価になってしまいました。

 

プロフェッショナルバランスドッグフード/原材料の一覧はコチラをチェック!

【原材一覧】

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイルパウダー:DHA源・EPA源、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール)、糖類(フラクトオリゴ糖)、ブドウ種子エキス、共棲発酵エキス(乳酸菌、納豆菌、酵母菌)、シャンピニオンエキス、ビタミン類(ビタミンA 、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12 、ビタミンC 、塩化コリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

※気になる成分は赤字で表記しています。

 

プロフェッショナルバランスドッグフードの原材料一覧です。

 

気になる原材料などは赤字で表記していますが、無添加ではあるものの気になるものがいくつか配合されてしまっている感じですね。

 

無添加であっても、原材料が低品質なものが多ければ、やはり心配になる飼い主さんは多いでしょう。

 

プロフェッショナルバランスドッグフード/原材料から見た食材の安全性

【安全性評価表】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 4 20
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 3 9
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 71

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:71点

 

【プロフェッショナルバランス】おすすめ出来るポイントについて解説【ドッグフード】

プロフェッショナルバランスドッグフード

プロフェッショナルバランスドッグフードが選ばれているポイントをまとめています。購入の際の参考にして下さいね。

 

国産で無添加ドッグフードは嬉しいポイント

プロフェッショナルバランスドッグフードは国産で品質の高い原材料を使っている事が評価できるポイントになります。

 

外国産のドッグフードなど、沢山の種類のドッグフードが販売されていますが、やはり国産が良い!という飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

国産のドッグフードなので、気軽に購入できるのも嬉しいポイントですよね。海外からのドッグフードは輸送の手間などもあり、品質の劣化が気になりますが、国産のドッグフードだと品質の劣化や輸送の手間などを考えずに購入する事が出来ます。

 

日本の犬の為に作られた、栄養バランスなども配慮されているドッグフード

プロフェッショナルバランスドッグフードは日本で暮らす犬の為に考えて作られたドッグフードです。

 

海外と違い、室内飼いの犬が多い日本では、運動量も少ない為に一般的な高タンパク質のフードだと肥満の恐れもあります。

 

その為、このドッグフードは脂質やタンパク質量を低くし、ローカロリーにする事で日本で暮らす犬に最適な工夫をしているのです。

 

●乳酸菌
⇒お腹の調子を整える役割がある。
●納豆菌
⇒体の酸化防止など、老化防止のサポート効果もある。
●ビタミンEとC
⇒どちらも抗酸化力が高い成分。EとCを同時に配合する事で相乗効果を生みます。
●ブドウ種エキス
⇒ブドウにはポリフェノールが配合されており、抗酸化作用が高い事で知られています。

 

こういった健康に良いと言われている素材もしっかり配合されているので、愛犬の健康をしっかりサポート出来るドッグフードではないでしょうか。

 

【プロフェッショナルバランス】ココは注意しておきたい!デメリットについて解説【ドッグフード】

プロフェッショナルバランスドッグフード

プロフェッショナルバランスドッグフードを買う時に気にしてほしいポイントについてまとめてみました。購入してから失敗しないよう、コチラもぜひチェックして下さい。

 

主原料が穀類なのでアレルギー持ちの愛犬には不向き

プロフェッショナルバランスドッグフードは、実は主原料が穀類です。

 

●とうもろこし
●コーングルテンミール

 

トウモロコシ由来の素材が配合されているので、アレルギーを持つ愛犬には不向きです。

 

トウモロコシはアレルギー性が高い食材としてドッグフードには不向きと言われていますが、消化しにくい食材でもあるので、愛犬の消化器に負担をかけてしまう事も考えられます。

 

その他おからなどの大豆からの加工品も配合されており、アレルギーを気にしている方だと不安になる原材料がいくつか配合されてしまっています。

 

ミール系の素材など、低品質な原材料が使われている

プロフェッショナルバランスドッグフードに配合されている肉類はミール系のみで、純粋な肉類の配合は見られませんでした。

 

ミール系の素材はくず肉や血液、羽や爪などの本来なら素材として扱わないような原材料材を使っている場合もあり、こちらは愛犬家なら避けておきたい素材でもあります。

 

動物性油脂も配合されており、こちらも油脂を抽出する際に使う薬品の影響が気になってしまう方も多いでしょう。

 

無添加のドッグフードは評価できるポイントではありますが、こうした低品質でアレルギー性の高い素材を使っている事は残念です。

 

プロフェッショナルドッグフード:実際に買って試した人の口コミを知りたい方はコチラ

食いつきが良く、このドッグフードなら沢山食べてくれます。カロリーも低めなので安心して与える事が出来ますし、便の状態も良くなってきているので嬉しいです。

 

何度かもうリピートしていますが、健康的には全く問題ありません!国産という部分も安心感がありますね。

 

小分けになっているパッケージが使いやすくて良い。

 

ただ、粒の形状が少し硬すぎるのか?アゴの弱い小型犬には少し噛みにくそうでした。どうしても硬くてかみ砕けない時は手伝ってあげますが、デメリットと言えばそれ位ですね。

 

全体的に見ても、コスパも良いし国産で安心できるし、特に問題はありません。

 

このドッグフードを与えてから涙やけを酷くするようになりました。

 

便の状態も一気に悪くなり、1日2〜3回くらいの排便がかなり軟便で5回以上するようになり、体調的にも辛そうだったので与えるのをやめました。

 

なかなか食べてくれないので確認してみたら、かなり粒の硬いものがありました。

 

人間の手で砕くのも大変だったので、かみ砕くのにも相当の力が必要だと思います。

 

もう少し粒の形状や硬さなどにも気を配って欲しかったと思いました。

 

プロフェッショナルバランスドッグフードの口コミをまとめてみました。

 

このドッグフードは口コミ評価も二つに分かれていますが、愛犬の体に合っている場合だとコスパも良いので良質なドッグフードではないでしょうか。カロリーも低めに工夫されているので、与えすぎても肥満の心配が少ないのは嬉しいと思います。

 

気になるのは穀類が主原料になっているという事で、愛犬にとってアレルギー性の高いトウモロコシなどの素材が配合されてしまっているのは大きなデメリットです。

 

アレルギーが出てしまうと体調も崩しやすくなってしまうので、気になる場合は避けた方が良いでしょう。

 

まt、いくつか見かけたのが「粒の方さ」です。

 

最近では小型犬が主流になってきているのですが、小型犬は噛む力が弱くアゴが小さい為、フードの形や硬さも気になる飼い主さんが多いと思います。

 

プロフェッショナルバランスフードは硬めの粒になるので、噛む力が弱い子だと食べるのが大変そう、という口コミもありました。

 

これらを総合的に評価すると、この価格ならもっと他に良質なドッグフードがあるような気がします。

 

アレルギー性のある素材も配合されているので、恥u手え与える場合は少しずつ様子を見ながら与えていき、小さな変化も見逃さないように最新の注意を払って与えるようにして下さいね。