MENU

プレイアーデンドッグフードの口コミ|成分から安全性も徹底評価

プレイアーデン

【出展:Amazon

プレイアーデンドッグフードは、300年以上続くドッグフードメーカーから出されているドッグフードで、かなりの老舗ブランドの一つでもあります。

 

新鮮で厳選された鶏肉を始めとする原材料を使っているドッグフードで、オメガ3脂肪酸やビタミンB群が豊富に含まれているドッグフードでもあり、バランスの良い栄養分が自慢でもあります。

 

愛犬の健康に良いドッグフードのように見えますが、実際に配合されている原材料などは本当に安心なのか気になりませんか?

 

こちらでは原材料一覧をはじめ、安全性や総合評価についてをチェックしています!

 

今回チェックするドッグフードはプレイアーデンの「グルメ」というドッグフードになります。

 

参考価格 2,592円/1Kg
メイン食材 ラム・チキン
ライフステージ 成犬用
タンパク質 23.0%
粗脂肪分 10.0%
粗灰分 6.5%
繊維 2.5%
水分 10.0%
原産国 ドイツ
カロリー 329kcal/100g
総得点 85点

 

 

プレイアーデンのコスパや安全性などの総合評価はコチラをチェック!

【総合評価チャートはコチラ】

プレイアーデン

 

プレイアーデンの総合評価になります。原材料の一覧などはまた個別でチェックしていきますね。

 

プレイアーデンはドッグフードの基準が厳しいドイツ原産のものになりますが、配合されている素材に少し気になるものがありました。

 

また、コスパに関しても少し高めの設定なので、やはり気になる部分でもあります。総合的には全体的に評価がやや落ちてしまっています。

 

プレイアーデンドッグフード:配合されている原材料一覧はコチラ

【原材料】

ラム、チキン、魚介類、コメ、大麦、ビート繊維、亜麻仁、チキンオイル、ビール酵母、卵粉(ビタミンプレミックスを含む)

※気になる成分は赤字で表記しています。

 

プレイアーデンドッグフードに配合されている原材料は以上になります。非常にシンプルで分かりやすい配合が良いですね。

 

万が一アレルギーが出た際にも特定がしやすくなりますが、ここで気になるのは穀類と甘味料の配合だと思います。
すぐに健康に影響が出るものではないものの、やはり抜かして作って欲しいというのが本音ですね。

 

プレイアーデンドッグフードの原材料は安全?チェックしています!

【安全性チェック表はコチラ】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 2 6
甘味料 3 1 9
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 85

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:85点

 

プレイアーデンドッグフード:人気の秘密は?ポイントをチェックしよう!

プレイアーデン

プレイアーデンドッグフードの人気の秘密についてチェックしています。どんなポイントがあるのか、購入前にチェックしておきましょう。

 

シンプルな原材料で分かりやすい

プレイアーデンドッグフードが選ばれる一つの魅力として、原材料が非常にシンプルという面があります。

 

新鮮な原材料を使い、シンプルな配合にする事で、万が一アレルギー反応が出たとしても追求しやすいというメリットがあります。

 

配合されている成分がどんなに安全なものであっても、体質で合う・合わないがありますので、やはりシンプルな原材料が一番分かりやすいでしょう。

 

栄養素が豊富で健康管理に最適

プレイアーデンドッグフードは非常にシンプルな原材料ですが、栄養素が豊富なので愛犬の健康管理に最適なドッグフードでもあります。

[ビタミン分析値]ビタミンA 20,000IU、ビタミンD3 2,000IU、ビタミンE 250IU、ビタミンC 150IU、ビタミンB1 10mg、ビタミンB2 16mg、ビタミンB6 7.5mg、ビタミンB12 200μg、パントテン酸(ビタミンB5)45mg、コリン 1,000mg、葉酸 7mg、ビオチン(ビタミンB7)400μg、ナイアシン(ビタミンB3)50mg
[ミネラル分析値]カルシウム 1.5%、リン 1%、ナトリウム 0.35%、ヨウ素 1.5mg、コバルト 0.5mg、マンガン 35mg、鉄 50mg、銅 5mg、亜鉛 65mg

このように、プレイアーデンにはビタミンやミネラルが豊富に配合されていますので、健康管理に非常に役立つドッグフードだと言えます。

 

プレイアーデンドッグフードのデメリットは?購入する前に注意する事について

プレイアーデン

プレイアーデンドッグフードのデメリットなどについてもまとめています。購入前に注意するポイントなどについてを解説しています!

 

配合されている原材料に穀類が配合されている

プレイアーデンは原材料にこだわって作られていますが、穀類が配合されています。

 

●お米
●大麦

 

これらの素材はアレルギー性は低いと言っても、やはり穀物なのでアレルギーの可能性は否定できません。万が一の事もありますので、穀物類のアレルギーを持っている愛犬は避けた方が無難でしょう。

 

また、甘味料として配合されているビートパルプですが、こちらはビート繊維という明記がされていますが同一のものです。

 

ビートパルプは繊維質ですが、量を多く与えすぎると便が硬くなる傾向にあります。甘味料ではありますが、製品のかさまし材としても使われるものなので、こちらも注意が必要でしょう。

 

価格が少し高いので続けにくい

プレイアーデンドッグフードは価格が高いと感じる飼い主さんも多く、原材料などを見て「この程度のクオリティなら他にも探してみる」と感じてしまう事も多いようです。

 

確かに素材などにはこだわりがあるドッグフードですがコレといった特色が無い為、無添加ではあるけれど価格帯が高いイメージもあります。

 

もう少し価格を下げる事で、更に購入者も増える気もしますね。

 

プレイアーデンドッグフード/口コミをまとめています!

無添加でシンプルな原材料が気に入りました。

 

特に可もなく不可もなく…といった感じですが、やはり無添加で安心して与える事が出来るのは強みです。他に良いドッグフードが見つからなければ、コチラをリピートすると思います。

 

食いつきは今までのドッグフードと同じくらいでしょうか。喜んで飛びつく…といった事はないけど、普通に食べられる、といった感じみたいです。

 

ビタミンやミネラル分が多く含まれているので購入してみましたが、特に変化なし。もう少し考えてからリピートする事にします。

 

プレイアーデンを与えてから少し便秘がちになってしまった気がします。

 

皮膚の状態も乾燥する事が多くなってきたので、もしかすると合わない成分などがあったのかもしれません。

 

今まで与えていたフードは何だったの?と思うくらい喜んで食べてくれています!

 

無添加のドッグフードは香りが微妙なものが多いのですが、プレイアーデンはそこまで気にならなかったですね。

 

栄養バランスも良いので、健康管理の為に与えています。

 

プレイアーデンドッグフードを実際に仕様した飼い主さんの口コミで多かったのは、「可もなく不可もなく」といったコメントでした。

 

無添加である事や、原材料が非常にシンプルで分かりやすい所などは評価されていましたが、続ける事で健康に良い効果があるのかイマイチ分からない、といったコメントが多かったです。

 

また、このグレードで1Kg2,500円は少し高いのでは?というコメントもあり、製法などが分からない分なんとも言えないのですが、もう少し価格を抑えられたのではないか?と疑問が残りますね。

 

ただ、無添加ではあるのでドッグフード選びに迷った時や、次のドッグフードのつなぎとしては非常にシンプルで使いやすいので、一度試してみると良いかもしれないです。