MENU

NOW FRESHドッグフードの成分分析!安全性は大丈夫か?口コミも紹介

ナウフレッシュドッグフード

(出展:Amazon)

穀物・グルテン・牛肉・トウモロコシ・大豆などのアレルギー要素を持つ食材不使用で作られているナウフレッシュドッグフード。

 

新鮮な原材料を使用して作られているこのドッグフード、全成分や安全面についてを徹底評価しています!

 

参考価格 2,160円/908g
メイン食材 ターキー生肉
ライフステージ 製品による
タンパク質 27%
粗脂肪分 17%
粗灰分 7.8%
繊維 4%
水分 10%
原産国 カナダ
カロリー 374.1kcal/100g
総得点 100点

 

 

ナウフレッシュドッグフードの総合評価は?

ナウフレッシュドッグフード

 

ナウフレッシュドッグフードは全体的な評価も高いドッグフードです。

 

ナウフレッシュドッグフードの成分・安全性を評価しています

【ナウフレッシュドッグフードの成分表】

ターキー生肉、乾燥全卵、エンドウ豆、エンドウ豆粉、ポテト、ポテト粉、天然香料(チキン由来)、フラックスシード、リンゴ、キャノラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、サーモン生肉、ダック生肉、ココナツ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマト、アルファルファ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、乾燥チコリ根、パセリ、ペパーミント、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸二カルシウム、トリポリリン酸ナトリウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化コリン、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、イノシトール、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、d-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、β-カロテン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(メチオニンキレート亜鉛、タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、酸化亜鉛、タンパク質キレートマンガン、硫酸銅、硫酸第一鉄、ヨウ素酸カルシウム、酸化マンガン、セレン酵母)、タウリン、DL-メチオニン、L-リジン、海藻抽出物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、緑茶抽出物、L-カルニチン

※気になるものは赤字で表記しています。

 

ナウフレッシュドッグフードに配合されている全成分表になります。

 

調べてみましたが、ナウフレッシュドッグフードには心配になるような成分は配合されていませんでした。

 

ナウフレッシュドッグフードの安全性評価についてはコチラ

【安全性総合得点】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 0 0
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 100

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性総合得点:100点

 

ナウフレッシュドッグフードのおすすめポイントの解説

ナウフレッシュドッグフード

ナウフレッシュドッグフードを購入するにあたり、おすすめされているポイントについてをまとめてみました!

 

アレルギー性の低い原材料を使用しているから安心

ナウフレッシュドッグフードにメインで使われている肉は「ターキー肉」と言われている、七面鳥の肉を使用しています。

 

ターキー肉は一般的な鶏肉と比べてもタンパク質が豊富で、アレルギー性も低いと言われているので敏感なワンちゃんにも良いと言われています。

 

栄養面についても鶏肉よりも優れており、コルステロールや脂肪値が低くダイエットにも向いています!

 

※その他にも栄養バランスを考えた食材を使用している
ナウフレッシュには果物のベリー類が含まれていますが、クランベリーやブラックベリーにはビタミン類がとても豊富なので、野菜よりも多くのビタミンを摂取できる点で優れています。

 

また、抗酸化作用に優れているポリフェノールも豊富なので、ワンちゃんの老化防止にも役立つでしょう。

 

無添加タイプのドッグフードだから安心

ナウフレッシュドッグフードは無添加タイプのドッグフードです。

 

ワンちゃんにとってアレルギー性の高い小麦や穀物類が含まれておらず、トウモロコシなども含まれていないので、敏感なワンちゃんにも安心して与える事が出来るのが良いですね。

 

気になる着色料や香料、保存料なども含まれていないので、健康管理をしっかり考えたい方にとっては嬉しい処方ではないでしょうか。

 

ナウフレッシュドッグフード、購入する際の気を付けるべきポイントは?

ナウフレッシュドッグフード

無添加でアレルギー性の低い食材を使っているナウフレッシュドッグフードですが、購入する際に気を付けたいポイントもいくつかあります。

 

ジャガイモや豆類に敏感なワンちゃんは注意を!

アレルギー性の低いターキー肉や、栄養豊富なベリー類を使用しているのは評価できる点ではありますが、ナウフレッシュドッグフードには「ジャガイモ」や「豆類」が配合されています。

 

※ジャガイモにはアレルギーを持つワンちゃんもいますので、与える場合は注意が必要です。

 

また、豆類は食物繊維が豊富な分、元々お腹が緩いワンちゃんにとっては更にお腹が緩くなってしまう場合もあり、食物繊維が豊富な分消化しにくいという難点もあります。

 

よく噛んで食べれば問題はないのですが、丸のみしてしまうワンちゃんなどもいますので、消化不良を起こしてしまう場合なども考えられるでしょう。

 

トウモロコシなどが配合されていない分、安全性については高いのですが、豆類を初めて与える場合には注意が必要になります。

 

ナウフレッシュドッグフード【口コミ&まとめ記事はコチラ】

ナウフレッシュドッグフード

小粒タイプは食べやすいようで、普段ドライフードは残してしまううちの子でもパクパク食べてくれました!

 

素材や製法にこだわって作られているのに価格帯もそこまで高くなく、小型犬ならコスパは悪くなさそうです。

 

目に見える効果はまだありませんが、ナウフレッシュに変えてから食いつきが良くなったので、しばらくこちらで試してみようと思います。

 

じゃがいもや豆類はうちの子は問題なかったのですが、肉類がダメなものが多かったので、ターキー肉は珍しいと思い買ってみました。

 

アレルギー性も低いのに栄養豊富なのは嬉しいですね。

 

与え始めて半年ほど経ちますが、前にあげていたフードの時よりも毛並みが良くなり、目やにも少なくなってきたので健康効果はあると思います。

 

与え始めた所、急にお腹が緩くなってしまいました。これまでお腹の調子で悩む事が無かったのでびっくりしましたが、豆類が多く含まれていたので、それが合わなかったのかもしれません。

 

元々お腹の調子が良い子には合わないのかも?

 

ワンちゃんの事を考えて作られているドッグフードだと思いました。

 

特に小粒タイプは犬種関係なく食べやすいので、そういった配慮が嬉しいですね。

 

また、ニオイは多少気になるものの、素材本来のニオイと考えれば安全性は高いのだと思います。

 

ワンちゃんにとって心配になる食材などが使われていない為か、健康維持に対して「良かった!」という口コミが多かったです。

 

また、続けるうちに毛並みや目やになども改善されてきた、という口コミもありましたが、一方で「お腹が緩くなった!」という口コミも。。。

 

※ナウフレッシュドッグフードには数種類の豆類が使用されており、豆類は食物繊維が豊富で消化しにくい食材でもあるので、合わないワンちゃんだとお腹が緩くなる事も考えられます。

 

使用されている食材に関してもアレルギー性が低く、特にベリー類はビタミン類が豊富な点も評価が高いポイントにはなりますが、ジャガイモや豆類が配合されていなければ、もっと質の高いドッグフードだと言えたでしょう。