MENU

マイビットドッグフードの口コミや評判まとめ|成分から安全性も評価しました

マイビットドッグフード

【出展:Amazon

 

マイビットドッグフードについて、口コミや成分の安全性などについてを詳しく調べて掲載しています。

 

マイビットドッグフードは岐阜県で作られているドッグフードであり、タンパク質やミネラル分などの栄養分を豊富に含んだドッグフードです。

 

愛犬の好みの味に合わせてビーフ味に仕上げているという部分も、食いつきが良いと言われておりますが、実際に配合されている成分の安全性などが気になりませんか?

 

こちらでは、マイビットドッグフードの配合されている原材料の安全性についてもしっかりチェックしているので、購入前の参考にして下さいね。

 

参考価格 2,245円/10Kg
メイン食材 穀類
ライフステージ 成犬用
タンパク質 7.2%
粗脂肪分 7.2%
粗灰分 11.0%
繊維 6.0%
水分 10.0%
原産国 日本
カロリー 310kcal/100g
総得点 72点

 

 

【マイビットドッグフード】総合評価や原材料・安全性をチェック!【商品総合評価】

【総合評価得点チャート】

マイビットドッグフード

 

マイビットドッグフードの総合評価です。安全性評価などについては次の項目で説明していきますね。

 

まず、マイビットドッグフードの全体評価としてはそこそこ、といったイメージでしょうか。特に良いのはコスパですね。10Kgで2,000円のコスパは、大型犬や多頭買いしている飼い主さんにとっては嬉しいかと思います。

 

その反面、主原料が穀類なので、アレルギーを持っている愛犬に関してはやや不向きな面もあると言えるでしょう。

 

4Dや副産物などの配合も見られますので、気になる飼い主さんは無理に購入せず、別のドッグフードを選ばれた方が良いかもしれません。

 

【マイビットドッグフード】原材料は?一覧はコチラでチェック!

【原材料一覧】

穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、小麦ふすま、等)豆類(脱脂大豆)、肉類(チキンミール、ビーフパウダー、等)、油脂類(動物性油脂)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、着色料(赤102)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

※気になる原材料は赤字で表記しています。

 

マイビットドッグフードの気になる素材について明記してみました。

 

主原料が穀類であり、次に肉類の配合が多い順になっておりますが、配合されている原材料の詳細が「〜等」でまとめられており、どんな内容の原材料が配合されているのかが検討つきません。

 

原材料が明記されていない場合、アレルギーを持っている原材料が配合されている可能性もあるので、アレルギーの心配のある愛犬の場合は与えるのを控えた方が良いかもしれませんね。

 

【マイビットドッグフード】安全性は?原材料一覧からチェックしてみました!

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 3 15
保存料 4 0 0
着色料 4 1 4
穀物 3 3 9
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 72

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性総合得点:72点

 

マイビットドッグフードのメリットを2つ解説!【購入すべきポイントは?】

マイビット

マイビットドッグフードはワンちゃんの健康をサポートする為、岐阜県で丁寧に作られているドッグフードです。どんな特徴があるのかこちらで分かりやすく解説してみました^^!

 

AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしたドッグフード!

マイビットドッグフードはペットフード公正取引協議会の総合栄養食の基準を満たしているドッグフードであり、市販のドッグフードの中でも信頼性が高いものと言えるのではないでしょうか。

 

また、AAFCOの栄養基準を満たしているので、いつまでも健康でいて欲しい愛犬の体調管理にも適していますよね。

 

愛犬の体調管理は、やはり毎日の食事での栄養バランスがとても重要です。食事のバランスがしっかり整っている事で愛犬のライフステージを支える事が出来ますので、世界的な栄養基準値を満たしているのは、ドッグフード選びにおいて大切なポイントになるのではないでしょうか。

 

国産ドッグフードで安心!栄養バランスが良いドッグフードである

マイビットドッグフードは日本の岐阜県で作られた国産ドッグフードです。国産で作られているのはやはり安心感が高いですよね。

 

また、栄養バランスも豊富なドッグフードであるのでタンパク質量や、脂質がとてもバランスが良く、犬種限らず与える事が出来るのも良い点ですよね。

 

国産フードなので市販でも購入しやすいですし、インターネットでの通販とは違って足りなくなったらすぐに買いに行ける手軽さも選ばれている一つのメリットだと思います。

 

その他愛犬の健康に必要なビタミン類、ミネラル類もきちんと配合されておりますし、総合的な栄養食としておすすめ出来るドッグフードの一つです。

 

マイビットドッグフード【デメリットはある?注意点を2つに分けて解説!】

マイビット

マイビットドッグフードのメリットをお話ししてきましたが、デメリットももちろん存在します。

 

メリット・デメリットを把握し、愛犬に合ったドッグフードを見つけましょう^^!

 

 

使用している原材料にミール系が配合されてしまっている

マイビットドッグフードに配合されている肉類の中に、チキンミールが配合されています。また、動物性油脂も含まれていますので、愛犬家にとっては気になる原材料になるかとは思います。

 

※ミール系の原材料について
○○ミールと呼ばれる素材は、チキンなら鶏の、ポークなら豚の普段であれば使わないであろう原材料を混ぜて作られているものになります。
例えば鶏のとさかやクチバシ、血液や内臓など…。商品によっては粗悪な原材料を使っている事も多く、公式HPなどにミール食材に使われている原材料がきちんと明記されていない場合は、注意しておいた方が良いでしょう。

 

※動物性油脂について
動物性油脂はその名の通り、死んだ動物から採取される油脂の事です。
問題は“どんな死に方をした動物なのか分からない”という部分と、“油脂を抽出する際に使われる薬品”です。
油脂を抽出する際に薬品が使われるのですが、それらの薬品が微量でも残ってしまうので、愛犬の健康を考える上では不安の残る原材料ではありますね。
また、自然死した動物なのかどうかが不明でもある為、愛犬家の中ではやはり注意すべき原材料として見られています。

 

これらの原材料の危険性はインターネット上でも掲載されており、ドッグフードを選ぶ上での一つの注意点ともなっているのです。

 

少量ではあるが着色料の使用が気になる

マイビットドッグフードの中に“着色料”の使用が認められていますが、本来着色料などの化学的な原材料は、人間にとっても危険だという事が現在では明らかになっていますね。

 

人間と同じく愛犬にとってもあまり良くないものの一つでありますので、着色料や保存料などを含む製品においては、どれ位の数の着色料や保存料が使われているのかを把握しておく必要があります。

 

マイビットドッグフードに含まれている着色料は1種類のみですし、保存料も天然由来のものを使用しておりますが、愛犬の健康を考えると少し注意しなければいけないかもしれませんね。

 

マイビットドッグフード|実際の口コミを集めてみました!〜まとめ〜

国産ですし、近くのスーパーで買えるのでいつも購入しています。

 

安い割に配合されている原材料が安心できるものが多いし、特にアレルギーもないので毎日おいしそうに食べてくれています。

 

通販でドッグフードを買っていましたが、注文し忘れると大変だし…という事で、市販のドッグフードだとマイビットが良さそうだったので購入してみました。

 

添加物などもそこまで入っていなかったし、そこそこ安心して与える事が出来るドッグフードなんじゃないかなぁと思います。

 

マイビットを与えてから下痢をするようになってしまいました。これまではお腹を壊した事なんてなかったのに、ドッグフードを変えてからすぐお腹が緩くなってしまったので、やはり何らかの成分が合わなかったのかな…と思います。

 

今は別のドッグフードに変えていますが、体調も落ち着いてきたので合わないドッグフードだと思ったらすぐに変えてあげるのも必要かと思いました。

 

ニオイも原材料も特に問題はなかったと思いますが、とうもろこしがアレルギーの原因になったみたいで、目やにや皮膚病などが少しづつ出てきてしまいました。

 

獣医さんに見せた所、ドッグフードによる問題も大きいとの事で…。なので今は別のドッグフードに変えています。

 

マイビットドッグフードには愛犬にとって心配になる穀類やミール系食材、動物性油脂が配合されています。
これらの原材料は愛犬家の中でも注意しなければならない原材料の一つでもあります。

 

ただ、○○ミールと表示されているドッグフードの中には原材料にこだわって作られているものもありますから一概には言えませんが、公式HPなどでどんな原材料が使われているか分からないものに関しては、やはり避けておいた方が無難なイメージはありますね。

 

マイビットドッグフードにはこうしたミール系や動物性油脂といった注意すべ原材料が配合されておりますが、その他の原材料に関しては栄養価が高く、タンパク質量も豊富なので与えやすいドッグフードというイメージではありますね。

 

やはり国内で生産されているドッグフードというのは、“国産”というだけで安心感を感じますし、市販で流通しているので手軽に手に入れる事が出来るのも、このドッグフードのプラス面でもあると考えます。

 

ネット通販のドッグフードだと、注文時期によっては配送に日にちがかかってしまったりするので、イザ!という時でも購入しやすいのは、ドッグフードを選ぶ上で一つのポイントになるのではないでしょうか。

 

マイビットはそういったプラス面も含め、全体的な総合評価はそこそこ良い、といったイメージでもあります。

 

購入している飼い主さんも多いのですが、やはり配合されている原材料が体に合わない愛犬もいるようで、目やにや皮膚病などの異変が見られた場合はすぐに与えるのを中止し、かかりつけの獣医にかかる事をおすすめします。

 

どんな評判の良いドッグフードであっても、初めて愛犬に与える時は少量づつを与えながら、様子を見つつ与えていった方が良さそうですね。