MENU

子犬用の安全で栄養価の高いドッグフードを徹底比較|おすすめはどれ?

子犬期に必要な栄養素は成犬期の約2倍ともいわれている為、良質なタンパク質がたっぷり配合された無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

健康に育ってもらう為に必要なのはやはり「新鮮な原材料を使用している」という部分ですね。無添加であるのは当たり前ですが、人が食べられるほどの新鮮な「ヒューマングレード」の原材料を使用しているかどうかも、選ぶポイントの一つです。

 

こちらでは子犬用に適した栄養豊富な安全性の高いドッグフードについてをランキング形式で紹介しています(^^♪

 

子犬期でドッグフードを選ぶポイントについても詳しくまとめていますので、そちらも参考にして下さいね。

 

子犬に与えたい!ドッグフードの選び方ポイント【まとめ】

 

「子犬専用フード」と「全年齢適応フード」だとどちらがいいの?

愛犬の年齢やステージによって分けられているドッグフードと、年齢・ステージ関係なく一貫して同じフードを与えられるタイプのドッグフードの2種類あります。

 

ステージに応じて分けて作られているフードに関しては、各ステージごとに対応した栄養素をしっかり補給できるという点で理想的に感じますが、それぞれ価格帯も違う為、買い替える手間などもあります。

 

一方「全年齢適応タイプのドッグフード」は買い替える手間もありませんし、実は栄養素も子犬期に必要な分をしっかりと補給できる為、こちらの方が子犬に適していた、という場合もあるんです。

 

選ぶポイントとしては以下の4つが基本となるかと思います。

 

・高タンパクである
・グレインフリー
・無添加
・コスパ

 

特に注意したいのが「無添加・グレインフリー」であるという事。添加物は小さい子犬の体にはかなりの負担がかかりますし、穀類は消化不良を起こしやすくアレルギーの原因にもなります。

 

愛犬のステージによって分けられているドッグフードであっても、無添加でなかったり穀類が配合されている場合も多く、全年齢適応タイプのドッグフードの方が品質が良いイメージがあります。

 

基本的に子犬期では「22%以上のタンパク質含有量」が好ましいと言われているので、これらを基準にしてドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

子犬期でおススメのドッグフードは?

安全性が高く品質が良いと口コミでも評判のドッグフードをランキング形式で紹介しています!

 

そのドッグフードも「ヒューマングレード・無添加・グレインフリー」で高タンパクなドッグフードなので、ぜひ検討してみて下さいね。

 

カナガン

カナガンの特徴

カナガンは「全年齢適応型ドッグフード」で、生後2、3か月くらいの子犬期から食べさせても問題ない位、品質の高いドッグフードです。
子犬期から適応という事で、成犬期・シニア期でも供給量を調整すれば切り替える事なく与える事が出来るので、切り替えの手間がありません。

また、豊富なタンパク質量は子犬期・成犬期ともに必要な栄養素になりますし、シニア期でも十分な栄養を補給する事が出来ます。

ヒューマングレード・無添加・グレインフリーなので、内臓機能がまだ弱い子犬でも安心して食べさせる事が出来るのが嬉しい!

これだけのグレードなのにコスパが良いので、購入している飼い主さんも多いドッグフードです。

価格 2Kg/3960円
評価 評価5
備考
カナガンの総評

カナガンは子犬期でも安心して食べさせる事が出来るドッグフードです。

タンパク質量も申し分なく、配合されている肉類は全体の50%以上!

成犬期と比べると2倍の栄養を必要とする子犬期でも、十分に対応する事が出来ます。

子犬の内臓はとてもデリケートな為、保存料や着色料、穀類などは出来るだけ省きたい所ですが、カナガンは無添加・グレインフリーなので安心感がありますね。

子犬期の成長を支えるドッグフードとして最良のドッグフードだと思います!

アランズ

アランズの特徴

アランズは厳選された原材料だけを100%使用し作られた、子犬期〜シニア期まで対応できる「全年齢型ドッグフード」です。

独自の「ベジタブル・ミックス」を使用していますが、これも原材料と配合率にこだわりがある成分の一つで、栄養素の吸収率かとても良く内臓に負担をかけにくいのが特徴です。

また、新鮮なラム肉を全体の55%も使用している為、犬本来の食生活で食事を楽しむ事が出来るのも良いですね。ラム肉はアレルギー性が低いのに、低カロリーで高タンパクなので、子犬期の栄養補給にはベストな原材料なんです。

脂肪分には健やかな皮膚を保津と言われている「オメガ3と6」を含んだ亜麻仁油を使用している為、良質な脂肪分もしっかりと摂取出来ます!

価格 2Kg/3960円
評価 評価4.5
備考
アランズの総評

特に注目したいのは「良質なラム肉を55%配合」しているという事!良質なタンパク質をしっかり補給できますが、何よりアレルギー性の低いラム肉を使用しているのはポイントが高いですね。

また、原材料もアレルギーにしっかり配慮して配合されており、子犬期に必要な脂肪分は「亜麻仁油」で良質な脂肪分を摂取できますから、子犬期にうってつけのドッグフードと言えるでしょう。

こちらのドッグフードもシニア期まで一貫して与える事が出来るので、品質の良さには定評があるみたいですね(*‘∀‘)

ファインペッツ

ファインペッツの特徴

「世界最高品質」と「安全性」を20年もの間追い続けた、本物志向のドッグフードです。

供給量を調整すれば、子犬期〜シニア期まで一貫して与える事が出来ます。

肉量配合率はなんと80%とかなり高い割合で配合されていますが、価格がローコストなのが嬉しいですね。

肉類だけではなく、野菜やハーブなどもバランスよく豊富に配合されていますので、このドッグフード1つだけで毎日の栄養をしっかり補給する事が出来ます。

価格 1.5Kg/3394円
評価 評価4
備考
ファインペッツの総評

ファインペッツが選ばれるのは「安全性の高さ」と「品質の良さ」ではないでしょうか。

公式HPを見て頂ければわかる通り、成分にはこだわって作られています。

配合されている原材料についてもしっかりと明記されているのも、信頼される一つのポイントだと思います。

「中国産の原材料は一切使用していない」等の明記もあり、飼い主サイドとしては安心して購入できるポイントが沢山あります。

犬にとってアレルギー性の高い牛肉なども使用していませんので、子犬期から安心して与える事が出来るドッグフードです。