MENU

カークランドドッグフードの口コミや評判まとめ|成分から安全性も評価しました

カークランドドッグフード

(出展:Amazon)

カークランドドッグフードの口コミや安全性についてをまとめています。

 

口コミでどんなに良い評価であっても、実際に配合されている原料の安全性などが気になりますよね。

 

カークランドドッグフードはアメリカのコストコ専売品で、コストコでしか買う事が出来ないドッグフードになります。コストコで見かけて、気になっている方もいるのではないでしょうか?

 

【ラム・ライス・ベジタブル】の3種類がありますので、この3種類の配合されている原材料などから総合評価をしていきます!

 

参考価格 5,399円/18.14Kg
メイン食材 ラム
ライフステージ 成犬用
タンパク質 23%
粗脂肪分 14%
粗灰分 7.5%
繊維 4%
水分 10%
原産国 アメリカ
カロリー 394kcal/100g
総得点 76点

 

 

カークランドドッグフード【総合評価をチェック!】

【カークランドドッグフード:総合評価】

カークランドドッグフード

 

カークランドドぐフードはコストコ専売品で、大容量で価格がリーズナブルなのが人気です。気になっている飼い主さんも多いと思いますが、添加物や4Dが配合されている事から、総合評価は低めになってしまいました。

 

カークランドドッグフード【配合原料を調査!】

【カークランドドッグフード:全成分】

ラム・ラムミール・玄米・米ぬか・米・卵類・精製麦・鶏脂・ビートパルプ・ジャガイモ・フィッシュミール・フラックスシード・調味料・イースト・キビ・えんどう豆・ニンジン・ケルプ・リンゴ・スキムミルク・クランベリーパウダー・塩化カリウム・食塩・塩化コリン・ミネラル類・ビタミン類・ローズマリーエキス・グルコサミン/コンドロイチン・パセリ・チコリールート

※気になる成分は赤字で表記しています。

 

カークランドドッグフードは大容量タイプなので、大型犬や多頭飼いのお家の飼い主さんに人気のドッグフードですが、愛犬にとって不要な原料がいくつか配合されているのが残念ですね。

 

カークランドドッグフード【安全性をチェック!】

【カークランドドッグフード:安全性評価チャート】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 2 10
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 5 15
甘味料 3 1 3
食塩、砂糖、その他添加物 1 1 1
総得点 71

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性総合評価:71点

 

カークランドドッグフード【おすすめポイント解説♪】

カークランドドッグフードのおすすめするポイントについてをまとめています^^♪

 

アレルギー性の低いラム肉を使用している

ラム肉はアレルギー性が低く、タンパク質も豊富で低カロリーなので、シニア犬の健康管理などにも適している原料です。

 

牛肉や鶏肉でアレルギーを起こしやすい愛犬でも安心して与える事が出来るのは嬉しいですよね。

 

カロリーが低いという面でも、ダイエットにも向いている原料でもあります。

 

また、ラム肉は安価な牛肉や鶏肉と比べると原価が高い傾向にあるのですが、カークランドドッグフードはご覧の通りリーズナブルな価格なので、手に入りやすいのも魅力の一つでしょう。

 

大容量で安いのでコスパが良い!

コストコは大容量&価格の安さでも知られていますが、カークランドドッグフードも18Kgの大容量で5千円とかなりリーズナブルな価格で販売されています。

 

1Kgで換算すると300円程度なので、多頭飼いや食事量が多い大型犬が居るお家にとってはリーズナブルで大変コスパの良い商品でもありますね。

 

ラム肉を使用しているという事もあり、低カロリーながら良質なタンパク質を豊富に含んでいる為、日常の健康管理にもピッタリです。

 

※さらにカークランドドッグフードがおすすめの理由として、ビタミンが豊富に含まれているという部分です。
皮膚を健やかに保つと言われているオメガ3と6も配合されているので、サプリメントドッグフードとしても優秀ですね。

 

また、アマニ油も配合しており、良質なオイルも摂取可能なのもポイントの一つでしょう。

 

カークランドドッグフード【気を付けるべきポイントを解説!】

カークランドドッグフードを購入するにあたって、飼い主さんに注意してもらいたいポイントをまとめてみました。

 

穀物が多くアレルギーが心配な面も

カークランドドッグフードにはいくつかの穀物が配合されています。穀物はワンちゃんにとってアレルギーの要因になりやすいので、気になる飼い主さんにとっては排除してほしい原料でもありますね。

 

また、穀物は多くの愛犬にとって消化しにくい原料になり、消化不良や便の量が増えるなどといった症状が出てしまう可能性もあります。

 

愛犬の体に負担をかけたくないのであれば、グレインフリーのドッグフードを選ぶべきではあるでしょう。

 

副産物や添加物の配合が気になる

カークランドドッグフードには「○○ミール」と呼ばれる肉の副産物が配合されています。

 

※肉の副産物とは、その動物のどの部位を使ったか分からない為、出来るのであれば避けたい原料でもあります。
質の悪いドッグフードになると、動物の血や羽などの部位も使う事がある為、不安材料の一つでもあります。

 

また、「○○ミール」との記載があっても副産物ではない場合もあるのですが、カークランドドッグフードにはそういった記載はないので、おそらく副産物である可能性が高いと言えるでしょう。

 

さらに気になるのは添加物です。

 

塩やビートパルプなどといった添加物が含まれていますが、塩は汗をかかないワンちゃんにとっては不要なもので、食材から得る塩分で十分まかなう事が出来ます。摂取しすぎると人間と同じく、高血圧などの危険性も考えられます。

 

ビートパルプは甘味料として使われているのですが、こちらはサトウダイコンの絞りカスになるので、フードのかさましなどにも良く使われる事が多く、甘みや塩味を必要としないワンちゃんにとっても不要な原材料でもあります。

 

カークランドドッグフードを実際に購入した飼い主さんの口コミはコチラ

大容量で価格も安く、コストコに行ったついでにまとめ買いしています。

 

食いつきもそんなに悪くなく、体調面においてもうちの子は特に気になる部分はなかったので、コスパの良いこちらをずっと続けています。

 

価格につられて購入してみたものの、まったく食べてくれなかったので無駄になってしまいました。

 

大分残ってしまったので、どうやって消費しようか考え中です…。初めて与えるドッグフードは、食べない可能性も考えて少量パックを買った方が良いなって思いました。
カークランドドッグフードにも、お試しパックみたいなものがあればいいのにって思います。

 

元々皮膚炎があり痒がる癖があったのですが、このドッグフードに変えてから症状が悪化してしまいました。

 

また、トイレの回数も多くなり辛そうだったので、元のフードに戻した所、体調も少しづつ戻ってきたので、うちの子には合わなかったみたいです。

 

ラム肉を使用しているのはアレルギー性も低くとても良いと感じました。本来であればラム肉は低カロリーなのに、このドッグフードは与えると太ってしまうので、量を調節しなければいけません。

 

もう少しカロリーを抑え気味にしてくれたら、もっと良かったと思います。

カークランドドッグフードの口コミで多かったのは、やはり「大容量でコスパが良い!」というものでした。

 

多頭飼いしているお家や、食事量が多い大型犬などを飼っている飼い主さんには評判が良いですね。逆に食事量が少ないワンちゃんに関しては、かなりの量が残ってしまうので、衛生面に関してもあまり良くありません。

 

大容量なので「保存に困る!」といった声もありました。愛犬の食べる量によっては、多すぎて残ってしまい、湿気ってしまって食べられなくなってしまって勿体ないという音もあるようなので、愛犬の食事量と相談しながら購入しましょう。

 

良い面もあれば悪い面もあるもので、カークランドドッグフードは4Dや穀物類を使っているという事で、皮膚炎や便の量が多くなったなどの口コミも見かけます。

 

愛犬の体に合うのであれば、コスパも非常によく買いやすいドッグフードになりますが、与え始めてから何らかの体調不良を起こすようになってしまったのであれば、別のフードへ移行した方が良いでしょう。

 

ラム肉はアレルギー性は低いものの、その他の原料で穀物などのアレルギー性の高い原材料が配合されているので、与える際は少量づつ、様子を見ながら与えるようにしましょう。