MENU

銀のさらドッグフードの口コミや評判まとめ|成分から安全性も評価しました

銀のさらドッグフード

(出展:Amazon)

国産ドッグフードで人気の高い「銀のさらシリーズ」から、今回は「グラン・デリ ふっくら仕立て ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ入り」を紹介していきます!

 

銀のさらシリーズはTVのCMでも見た事がある愛犬家さんも多く、国産ドッグフードの中ではメジャーなドッグフードでもあります。

 

豊富な種類の中から選ぶ事が出来るのも、購入者が多い一つのポイントではないでしょうか?

 

今回紹介しているドッグフードは小型犬に適したフードで、最も人気のある種類になっています。

 

安全性や口コミなどをまとめていますので、ぜひチェックして下さいね。

 

参考価格 1,800円/1.6Kg
メイン食材 穀物(トウモロコシなど)
ライフステージ 全ライフステージ対応
タンパク質 17.6%
粗脂肪分 7.5%
粗灰分 8.5%
繊維 4.5%
水分 30%
原産国 日本
カロリー 表記なしg
総得点 39点

 

銀のさら(グラン・デリ)の総合評価をチェックしてみよう!

銀のさら(グラン・デリ)の配合成分やコスパなどの面から、総合的に評価してみました。

 

【総合評価】

銀のさら

 

銀のさら(グラン・デリ)の主原料は穀物です。また、保存料や4D、動物性油脂なども配合されているので、非常に低い評価となってしまいました。

 

銀のさら(グラン・デリ)の成分表はコチラでチェック!

銀のさらに配合されている原材料はコチラでチェックできます。気になる成分は赤字で表記しており、赤字の表記が無いものに関しては「気になる成分の配合はない」という事になります。

 

【全成分】

穀類(トウモロコシ、小麦粉等)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖)、肉類(チキンミール、ビーフミール、ササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆、大豆粉等)、フィッシュミール、ビール酵母、野菜類(ホウレンソウパウダー、ニンジンパウダー、カボチャパウダー等)、チーズパウダー、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、リンゴ酸、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

銀のさら(グラン・デリ)には多くの穀物や添加物が配合されており、その為赤字での表記が多くなってしまいました。

 

酸化防止剤としてミックストコフェロール、ハーブエキスが配合されているのは良いのですが、なぜかプロピレングリコール、ソルビン酸Kなどの保存料も配合されてしまっています。

 

銀のさら(グラン・デリ)の安全性をチェックしてみよう!

銀のさら(グラン・デリ)の成分表から、こちらでは安全性を点数でチェックしていきます。

 

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 4 20
保存料 4 2 8
着色料 4 5 20
穀物 3 4 12
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 1 1
総得点 39

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価点数:39点

 

銀のさらドッグフードのおすすめポイント2つ【購入前にチェック!】

銀のさら

銀のさらドッグフードにはどんなおすすめポイントがあるのか、こちらでは2つ紹介しています!

 

国産ドッグフードで市販での流通も多く、入手が簡単

銀のさらドッグフードは国産であり、老舗ブランドのドッグフードなので、市販での流通も非常に多く、手軽に購入できる点で評価できるポイントになります。

 

ネット販売と比べると、欲しい時にすぐ買えるのは「いざ!」という時に心強いですよね。

 

価格帯もそこまで高い訳ではないので、「試しに買ってみよう」と気軽に購入できるのが良いと思います。

 

種類が豊富で愛犬の状態に合わせて選べる

銀のさらシリーズのドッグフードの種類はとても豊富です。

 

全年齢に合わせたドッグフードから、小型犬用、シニア犬用などの種類に分かれており、生タイプのフードの販売もありますから、愛犬の状態に合わせてピッタリのドッグフードが選べるのも、魅力の一つです。

 

銀のさら(グラン・デリ)の気になるポイント2つ【購入前に要注意!】

銀のさら

銀のさらドッグフードについて、購入前に必ずチェックしておきたい注意点についてまとめてみました。

 

主原料が穀物であり、その他不安になる原材料が多い

銀のさらドッグフードの原材料は「穀物」となっています。また、その穀物の配合原材料も全てが記載されている訳ではありません。

 

例えば、穀物であれば(小麦・トウモロコシ等)など、その他にも何らかの穀物が配合されており、記載がない以上アレルギー症状が出てしまった時に特定する事が難しくなってしまいます。

 

また、配合されている肉類に純粋な生肉がなく、代わりに「○○ミール」といった、死んだ動物の色んな部位で作られる副産物が配合されています。

 

※例えば、「チキンミール」であれば、鳥のくちばしやトサカ、血液など至る部分が使われている可能性があり、それらは明記が無いので、どんな部位が使われているか分からない低品質な原材料でもあります。

 

動物性油脂も配合されており、これはどのように死んだか分からない動物を使っている事もあり、避けておきたい成分の一つでもあるのです。

 

添加物が多い

銀のさらドッグフードは添加物が多く入っています。

 

着色料や保存料など、本来避けておきたい成分が配合されているのは気になる部分ではないでしょうか。

 

※原材料に酸化防止剤が配合されているにも関わらず、保存料が2種類も使われているので、品質に対して不安を感じてしまいます。

 

また、乳化剤も配合されているので、ワンちゃんの健康を考える上では不安な成分が沢山入っている事は、やはり残念でもあります。

 

銀のさら(グラン・デリ)を実際に購入した方の口コミはコチラ!

CMでもよく見かけてたので購入しましたが、食べたとたん吐き戻してしまいました。

 

香りも自然な香りとは言いにくく、不自然な色合いも心配になります。

 

国産だから安心できるとは限らないんですね。

 

これまで買ってきた市販フードの中では一番よく食べてくれてる。

 

ただ、これに変えてから最近体力が落ちてしまったようで、疲れやすくなっているのが気になります。

 

手軽に変えていいけど、原材料を見てかなり不安を感じました。

 

人もそうですが、添加物だらけの食事は避けたいのは愛犬も同じなので、食いつきが良くてもやはり避けたい成分も沢山入っています。

 

もう少し原材料を見直して欲しいです。

 

友人からおすすめされて購入しました。

 

うちの子は好き嫌いやアレルギーが無いせいか、特に問題はなく食べてくれました。

 

ただ、キロ数にしては値段が少し高めな気もしています。

国産で老舗ブランドの銀のさらですが、やはり配合されている成分に不安を感じている飼い主さんは多いようです。

 

特に主原料が穀物なので、トウモロコシや小麦などにアレルギーを持っている子には適しません。

 

また、4Dや動物性油脂も配合されているので、敏感な子にとっても不安要素が高いドッグフードでもあります。

 

流通も多く、市販で購入できるのは手軽で手間がかかりませんが、栄養面に関してもタンパク質が非常に少ない為、これだけではワンちゃんの健康管理が出来るかどうか疑問です。

 

補助食やサプリメントなどを併用した方が良いとも言えるでしょう。