MENU

フィッシュ4ドッグフードの成分から安全性を徹底評価|口コミもまとめました

フィッシュ4ドッグ

【出展:Amazon

フィッシュ4ドッグはサーモンに含まれるアスタキサンチンにより、抗酸化作用を目的としているドッグフードです。

 

体の酸化を防ぐ事で老化を緩やかにし、健康をサポートする効果を期待する事は出来ますが、配合されている原材料や安全性について気になりますよね。

 

こちらではフィッシュ4ドッグの安全性チェックだけではなく、総合評価や口コミなども含めてチェックしています!

 

参考価格 3,080円/1.5Kg
メイン食材 サーモン
ライフステージ 成犬用
タンパク質 24.0%
粗脂肪分 12.0%
粗灰分 7.5%
繊維 2.5%
水分 8.0%
原産国 イギリス
カロリー 347kcal/100g
総得点 97点

 

 

 

【フィッシュ4ドッグフード】総合評価はコチラ

【総合評価チェックチャート】

フィッシュ4ドッグ

 

こちらはフィッシュ4ドッグを総合的に見た評価になります。原材料や安全性については個別でチェックしていますので、そちらをご覧ください。

 

フィッシュ4ドッグには気になる成分は入っておらず、サーモンを主原料として使っているのでヘルシーかつアレルギー性も低いドッグフードになっています。

 

その為全体的な評価も高いのですが、やはりその分コスパが悪いのがネックですね。

 

【フィッシュ4ドッグフード】原材料は何?一覧表はコチラ

【原材料一覧表】

オーシャンホワイトフィッシュ:27.25%
ポテト:22.7%
エンドウ:20.76%
サーモンミール:12.37%
サーモンオイル:8.65%
ビートファイバー:3.91%
ビール酵母:2.16%
サンフラワーオイル:1.3%
ビタミン&ミネラル・・・0.9%

※気になる原材料・成分は赤字で表記しています。

 

フィッシュ4ドッグの原材料一覧です。原材料が極めてシンプルなのでとても分かりやすいのが良いですね。ミール系の原材料が配合されていますが、新鮮な原材料を使用しているとの記載が見受けられましたので、一般的な粗悪なタイプのものではない事が分かります。

 

原材料がどの程度配合されているのかも分かりやすいので、安心して購入できるドッグフードだと感じます。

 

ですが、気になるのはポテトです。ポテトはアレルギー性が低く、穀物の代わりに配合される事も多いのですが、アレルギーを持っている子も居るので注意が必要でしょう。

 

【フィッシュ4ドッグフード】原材料から安全性をチェックしています!

【安全性のチェックはコチラ】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 1 3
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 97

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:97点

 

フィッシュ4ドッグ:おすすめ出来るポイント2つ解説!

フィッシュ4ドッグ

フィッシュ4ドッグがおススメ出来るポイントを2つに分けて紹介しています。どんなメリットがあるのかコチラでチェックしていきましょう!

 

お魚メインで低アレルギー性が嬉しい!原材料の配合量も明確で安心

フィッシュ4ドッグはお魚メインのドッグフードです。使用しているのはサーモンになりますが、配合量が目で見て明確に分かるので安心感がありますね。

 

ドッグフードによく使われている鶏肉や牛肉はアレルギー性があり、中にはアレルギーを持っていて食べられない子もいます。

 

お魚であれば肉類よりもアレルギー性が低く、かつローカロリーなので肥満対策にもピッタリですね。

 

何より配合されてい原材料の量がパーセンテージで表されているのは評価が高いポイントになるでしょう。

 

人工的添加物は一切使用していません!安心感があるドッグフード

フィッシュ4ドッグは人工的な添加物を使用せず作られています。

化学保存料(BHA・BHT)
着色料
香料
コーングルテン
コーン
家畜(羊肉 牛肉 鶏)
大豆(皮含む)
小麦


ホルモン調整剤
成長促進剤

上記の成分はドッグフードに配合されている危険な成分として名前が挙げられる事の多い成分ですが、これらの成分を使わずに作られているという事もあり、安心して与える事が出来るドッグフードの一つではないでしょうか。

 

使用しているサーモンも大きい骨や皮などは使用せず、小骨と魚肉をメインに配合しているので、原材料の安全性も高いドッグフードだと言えますね。

 

フィッシュ4ドッグ:購入する際の注意点を徹底解説!

フィッシュ4ドッグ

フィッシュ4ドッグは安全性の高いドッグフードですが、それでもデメリットや注意点も存在します。こちらは購入前にじっくりチェックしておいてくださいね!

 

ジャガイモは低アレルギー性のものだが、やはり心配な面もある

フィッシュ4ドッグには穀類の代わりにジャガイモとインゲンが使われています。

 

その中でもジャガイモはその他の穀類不使用のドッグフードで使用される事の多い原材料ではありますが、実はアレルギーを持つ子も結構居るんです。

 

穀類よりは安心で低アレルギーな食材ですが、やはりアレルギー性は少なくてもあるという事になるので、気になる方は注意した方が良いでしょう。

 

ジャガイモの配合が無くなれば、もっと安全性の高いドッグフードになったのでは?と思います。

 

価格が高い!継続出来るか分からないという声も多い

フィッシュ4ドッグの最大のネックは「価格」でしょう。

 

優良なドッグフードは原材料や製法に手間暇をかけている分値段が高くなってしまうのはしょうがない事ではありますが、コスト面も重視している飼い主さんにとっては、やはり購入しにくい価格でもあります。

 

また、どんなに優良なドッグフードでも、愛犬が絶対に食べてくれるかどうか、と言えばそうではありません。

 

犬にも好みがあるので、やはり匂いを嗅いでまったく食べなかったり…という事もある為、「せっかく高いフードを買ったのに全然食べてくれなかった!」などの声を聞くと、購入を戸惑ってしまいますよね。

 

お試しパックなどでもう少し安い値段で購入出来れば、リピーターも増えるのではないかと思います。

 

フィッシュ4ドッグ/口コミや総合的な評価のまとめはコチラ!

鶏肉にアレルギーを持っているので、お魚メインで作られているドッグフードを探していました。

 

フィッシュ4ドッグは評判も良いので購入しましたが、最初は「魚臭くないかな?」と色々心配で…。

 

でも、気になるニオイはそこまで無かったので、愛犬も魚特有のニオイを気にせずにおいしそうに食べてくれました。

 

ようやく栄養価が豊富な食べられるフードが見つかって嬉しいです!

 

ドッグフードに必要のない素材は一切配合されていないのでこちらを購入。

 

食べているうちにアレルギー性の皮膚炎が少しずつ良くなってきて、綺麗になってきました。

 

魚のニオイが気になる。気にならないとの口コミもありましたが、匂いに敏感な人や犬はダメかもしれないです。

 

うちの愛犬はニオイがダメで食べてくれませんでした。

 

少ない量のパックを試しに買ってみたけど、現品は高くて続けられるかどうか分からないのが残念です。

 

食いつきも良くおいしそうに食べていたのでもう一袋試したいですが、他のコスパの良いドッグフードを試してみてからにします。

 

フィッシュ4ドッグは何より配合素材が明確で、配合量もしっかり記載しているので安心感がとても高いドッグフードです。

 

お魚を主原料としているのでアレルギーを持つ愛犬などに適しており、その他アレルギーが気になるトウモロコシなどは一切配合されていないので、安心して与える事が出来るのではないでしょうか。

 

総合的に見ても素材・成分的に評価は高めではありましたが、ネックなのは「ジャガイモ」と「価格」です。

 

特に価格面では「継続しにくい」との声があり、お試しパックなどで安い価格で購入できる小袋タイプのものがあれば良いな、と感じました。

 

お魚をメインに使用しているという事でしたが、他のお魚メインのドッグフードと比べると生臭さは各段に違うとの声もあり、匂いなどに関しても気にならないタイプかと思います。

 

ジャガイモは配合されているので心配になる飼い主さんも多いと思いますが、もしジャガイモのアレルギーを持っていないのであれば、全体的に見ても安心して与える事が出来るドッグフードではないかな、と感じます。