MENU

ファーストメイトドッグフードの口コミや評判まとめ|成分から安全性も評価しました

ファーストメイトドッグフード

【出展:Amazon

ファーストメイトドッグフードの口コミや安全性、原材料についてをチェックしています。

 

ファーストメイトにはいくつか種類がありますが、こちらでは「ブルーベリー スモールバイツ」というフードを紹介しています。

 

こちらのドッグフードはグレインフリーで小型犬でも食べやすいように小粒の設定になっています。

 

全年齢対応可能という事なので安全性が高い事が予想されますが、実際はどうなのでしょうか?

 

まずは価格や栄養面のバランスなどに関してをチェックしていきましょう!

 

参考価格 2,916円/1Kg
メイン食材 ジャガイモ
ライフステージ 全年齢対応
タンパク質 25.0%
粗脂肪分 14.0%
粗灰分 7.0%
繊維 4.0%
水分 10.0%
原産国 カナダ
カロリー 347kcal/100g
総得点 91点

 

 

【ファーストメイト】総合評価はコチラをチェック!

【総合評価チェックチャート】

ファーストメイト

 

ファーストメイトドッグフードの総合評価になります。

 

全体的に評価が整っておりますが、主原料にジャガイモが入ってしまっているのが気になりますね。

 

添加物などの配合は見られないので、安全性は高いかと思います。

 

【ファーストメイト】原材料をチェックしてみた!一覧はコチラ

【原材料一覧】

ジャガイモチキンミール、鶏脂肪*(保存用に混合トコフェロールを使用)、ブルーベリー、塩化カリウム、DL メチオニン、塩化コリン、プロピオン酸カルシウム、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、炭酸コバルト、セレン酵母)、ビタミン類(ビタミンE、リボフラビン、ナイアシン、D-パントテン酸、チアミン塩酸塩、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3)、酵母エキス(プレバイオティクスの原料)、グルコサミン塩酸塩

※気になる成分は赤字で表記

 

ファーストメイトドッグフードの原材料一覧です。気になる成分は配合されていないので安全性は高いと思われますが、チキンミール・鶏脂肪が配合されていたので注意です。まだ、主原料としてじゃがいもが使われているのが気になりますね。

 

ですが全体的に栄養価が高く、バランスの良いフードという感じです。

 

【ファーストメイト】安全性チェックはコチラ!

【ファーストメイト/安全性はコチラ】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 2 10
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 1 3
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 87

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性評価総合点数:87点

 

ファーストメイトドッグフード:どんなメリットがある?

ファーストメイトドッグフード

ファーストメイトドッグフードのメリットについて解説しています。どんなメリットがあるかチェックしていきましょう^^!

 

鶏肉のアレルギーにも配慮されているこだわりのドッグフード

ファーストメイトドッグフードは主原料に鶏肉が使われています。

 

実は鶏肉にもアレルギーを持っている愛犬が多いのですが、ファーストメイトは鶏肉アレルギーにも対応できるよう、アレルギーが出やすいタンパク質分を抜いて作られているんです。

 

鶏肉由来のアレルギーの危険性を抑えてくれているというのは飼い主さんにとってはポイントが高いのではないでしょうか。

 

その他に気になるアレルギー性のある原材料なども配合されていませんので、安全性は高いドッグフードなのではないでしょうか。

 

栄養面に着目して作られているドッグフード

ファーストメイトドッグフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の定めている栄誉基準を満たしている事が証明されています。ですので、栄養価は一般的なドッグフードよりも高いと言えるのではないでしょうか。

 

このAAFCCの基準は世界基準になっているので、全てのドッグフードにおいて適応される基準です。

 

そういった基準をきちんとクリアしているという事は、栄養面に関しても安心感が高いですよね。

 

ファーストメイトドッグフード:デメリットについて解説

ファーストメイトドッグフード

ファーストメイトドッグフードのデメリットについて解説しています。どんなデメリットがあるのか、購入前にチェックしておきましょう!

 

主原料がジャガイモという部分が気になる

原材料一覧を見て頂けると分かると思いますが、原材料の一番最初にジャガイモが記載されています。

 

配合されている量が多い順で原材料は記載されていますので、このドッグフードではジャガイモが一番多く含まれているという事になります。

 

ジャガイモは一見安全な原材料に見えますが、実はアレルギーを持つ子も少なくありません。穀類の代わりに配合される事が多いのですが、こちらもアレルギー要素を考え避けた方が良いと言われているのです。

 

初めてジャガイモを与える愛犬には、体調面などに変化が無いかしっかりチェックしなければなりません。

 

価格が高く続けにくい

安全性の高いドッグフードによくあるのですが、良質なドッグフードほどコスパが悪い傾向にあります。

 

中には粗悪な原材料を使っているのにコスパが悪いドッグフードもありますが、ファーストメイトドッグフードは素材にもこだわっているので、コスパが悪いのは必然的だともいえます。

 

それだけ手間暇がかかっているドッグフードと言えますが、やはり「安くて良い物」を求めるのが一般的ではないでしょうか。

 

一度は購入したものの、価格が高すぎて続けられないという事はよくある事でもあります。

 

【ファーストメイト】口コミ&総合評価のまとめをチェックしてみよう!

ファーストメイトドッグフードは安全性も高そうなので購入してみました。

 

添加物なども配合されていないので、安心して与える事が出来ます。

 

最近ちょっと太り気味だったんですが、カロリーもそこまでないのが気に入りました。

 

鶏肉のアレルギーリスクを低く出来るよう、タンパク質量を抑えているという配慮が嬉しいです。

 

トウモロコシなどのアレルギー性の原材料も入っていないので安心して与える事が出来るドッグフードなので、ちょっと高いけど継続して与えています。

 

今のところ特に変化は無いのですが、体調不良などを起こしにくくなったなという感じはあります。

 

勧められて購入しましたが、匂いを嗅ぐだけで全く食べてくれませんでした。

 

犬によって好き・嫌いもあると思うけど、安くないフードなのでちょっと残念です。

 

皮膚病がドッグフードに配合されている原材料によるアレルギーと言われてから、安全性の高いものを選ぶようになりました。

 

こちらのドッグフードは安心して与える事が出来ると思ったのに、ジャガイモが配合されています。

 

ジャガイモにはアレルギーは持っていないのですが、念の為何かあったら困るので結局与えず友人に未開封のままプレゼントしました。

 

友人の愛犬は全く問題なく食べているそうです。

 

ファーストメイトドッグフードについての口コミをまとめてみました!

 

やはり安全性が高い原材料を使っている事や、チキンアレルギーのリスクを減らす為の仕様などが気に入って購入している方が多いイメージでした。

 

また、アレルギー性の原材料も配合されておらず、添加物も無添加な部分で選ばれているようですね。

 

ただ気になるのがコスパと配合されているジャガイモで、特にジャガイモはアレルギーを持つ子が少なからずとも居るので、完全に安心だと言える素材ではありません。

 

中には体質的にジャガイモが合わない子もいますので、与える際は慎重に様子を見なければならないでしょう。

 

コスパが高いのもこだわりのドッグフードなら仕方がないですが、犬にも好みがあります。

 

食いつきはそこまで悪くないとの評価はありましたが、中には「まったく食べてくれない」「ニオイを嗅いだだけで終わった」などの声もあるので、高いドッグフードだと愛犬がきちんと食べてくれるかどうかも気になる所ですよね。

 

ファーストメイトドッグフードは大容量タイプと少量タイプから選ぶ事が出来るので、お試して1Kg購入してみるというのも良いかもしれません。