MENU

馬肉自然つくりドッグフードの口コミ|成分から安全性も徹底評価

馬肉自然作り

(出展:健康いぬ生活)

馬肉自然作りドッグフードは、新鮮な馬肉を使用して作られているドッグフードです。

 

添加物や保存料などの化学成分は不使用、シニア犬や小型犬でも食べやすい工夫がされており、使用している食材は人間でも食べられるほどの新鮮なものを使用しています。

 

ワンちゃんの健康の為に良いものを選びたい!という飼い主様へ、こちらでは「馬肉自然作りドッグフード」の全成分や安全性についてを徹底的に調査しています。

 

口コミなどもまとめていますので、ドッグフード選びにお役立て下さい!

 

参考価格 3,240円/1.0Kg
メイン食材 国産馬肉
ライフステージ 生後8ヶ月〜
タンパク質 27%
粗脂肪分 11.1%
粗灰分 2.2%
繊維 5.2%
水分 7.0%
原産国 日本
カロリー 399kcal/100g
総得点 88点

 

 

 

 

馬肉自然作りドッグフードの成分を徹底解析!【成分表はコチラ】

馬肉自然作り

馬肉自然作りドッグフードの成分をまとめています。成分表から安全性についても評価しています!

 

【全成分】※気になる素材は赤文字で表記しています。

馬肉、鶏肉、玄米大麦黒豆、きなこ、カツオ粉、米ぬか、馬油、おから、ハト麦、卵、わかめ、小松菜、昆布、ビール酵母、卵殻カルシウム

 

自然な馬肉を使用しており、なおかつ保存料なども使用せず作られているのですが、穀物が4種類配合されています。

 

アレルギーの心配のあるワンちゃんに与える際は注意が必要です。

 

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 4 -12
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 88

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】

保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

こちらの得点表は、あくまでも「安全性の面に関して」の得点になります。総合評価は一番上のレーダーチャートを参照にして頂くとより分かりやすいかと思います!

 

保存料などの化学成分が配合されてなく、塩や砂糖なども不使用な面では良かったのですが、雑穀が4種類配合されていたのがマイナス点となってしまいました。

 

アレルギーを持っているワンちゃんも多いので、与える際はアレルギーの有無を確認してから、少量づつ与えましょう。

 

馬肉自然つくりドッグフードのおすすめポイントは?

馬肉自然作り

 

アレルギーを起こしにくい馬肉を使用している

馬肉自然つくりドッグフードには新鮮な馬肉が使用されていますが、馬肉は牛や豚と比べると高タンパクなので、シニア犬や小型犬などの体力作りに適している食材です。

 

また、高タンパクですが低脂質という特徴も持っているので、体重が気になるワンちゃんのフードとしても良いでしょう。

 

他の肉と比べてアレルギーを引き起こしにくいというのもメリットの一つで、牛肉などにアレルギーを持つワンちゃんでも安心して与える事が出来るでしょう。

 

国産、添加物不使用なのが嬉しい!

生産国にこだわる飼い主さんも多いかと思いますが、馬肉自然つくりドッグフードは国産なので安心して与える事が出来る飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

また、保存料や着色料といった添加物も不使用なのも嬉しいですよね。

 

馬肉自然つくりに使用されている食材は、人が食べても大丈夫なグレードで作られているのも選ばれるポイントではないでしょうか。

 

注文してから製造!新鮮なドッグフードを食べさせる事が出来る!

なんと、馬肉自然つくりドッグフードは注文を受けてから製造するので、一般的なドッグフードとは鮮度が違います。

 

新鮮な状態でワンちゃんに食べさせてあげる事が出来るのは、飼い主さんにとっても嬉しい事ですよね。

 

ただ、無添加である分賞味期限が短く、約1か月しかないので、保存する際は賞味期限に気を付けなければなりません。

 

馬肉自然つくりドッグフード、気になる点はある?

馬肉自然作り

 

馬肉自然作りドッグフードは新鮮な食材を使って作られる無添加フードなので、安心して与える事が出来ますが、実際に購入した方々の口コミを元に、気になる点をまとめてみました。

 

アレルギーのワンちゃんは要注意!穀物が配合されています。

馬肉自然つくりドッグフードには、4種類の穀物が配合されています。

 

いずれも玄米、大麦、黒豆、ハト麦になり、アレルギーの大きな原因の一つである小麦は配合されてはいませんが、穀物にアレルギーを持っているワンちゃんなどは注意が必要です。

 

また、穀物から加工されている「きなこ」「米ぬか」「おから」も雑穀の一種になるので、範囲を広くすると雑穀は7種類配合されているという事になってしまいます。

 

おからも米ぬかも、黒豆も一見体に良さそうに見えますが、人間とワンちゃんの体の仕組みは全く違いますし、人間にとって良い物でもワンちゃんにとってはNGという場合もあります。

 

食材にも徹底的に配慮して作られているフードだけに、雑穀が多く配合されているのは多少気になる点でもあります。

 

馬肉だけではなくチキンも配合されている

牛や鳥肉のアレルギーを持つワンちゃんは少なくありません。なので、アレルギーを持っている心配のあるワンちゃんに対しては、フードにつかわれている肉の種類がとても気になる所でもあります。

 

馬肉自然つくりドッグフードは、アレルゲンの少ない馬肉をメインで使用してはいますが、チキンも含まれている為、鶏肉に何らかのアレルギーをお持ちのワンちゃんには適しません。

 

これまでチキンが配合されているフードをワンちゃんに与えた事が無い場合も、万が一の事があるので注意して与えるようにしましょう。

 

馬肉自然つくりドッグフードの口コミ【総まとめ!】

馬肉自然作り

 

牛肉のアレルギーを持っていたので、安心してたべられるフードを探していました。馬肉はアレルギーになりにくいと書いてあったので試してみましたが、食材が新鮮な為か、かなり食いつきは良かったです。

 

でも、賞味期限が短いので、量を調節して買わないと賞味期限切れで食べられなくなってしまう事も多く、勿体ないなっていう感じはします。

 

もっと保存しやすかったら良かったのになって思いました。

 

最近太り気味のうちの子。ダイエットフードは嫌いみたいであまり食べてくれないので、低カロリーのこちらをチョイス。
これならパクパク食べてくれるし、カロリーも低いので安心です!

 

馬肉自然つくりにしてからお腹が緩くなって、なんでだろう?って思っていたんですけど、雑穀が結構入っているんですね。うちの子にはあまり合わなかったようで、残念。

 

馬肉フードは初めて与えるので、大丈夫かな?と思ったんですけど、どうやらワンちゃんによって好き・嫌いが激しいようです。

 

うちは多頭飼いなのですが、食いつきが良い子もいれば全く食べない子も…。
全てのワンちゃんに喜ばれるフード、という訳ではなさそうです。製造方法などもしっかりしていたので、気に入れば続けたかっただけに、残念。

 

馬肉自然つくりは、好き・嫌いが大きく分かれるドッグフードみたいですね。
好みの子はかなり食いつきが良いみたいですが、苦手な子はほとんど食べてくれないみたいなので、ご自身で飼われているワンちゃんに馬肉があっているかどうかが分からない、というのがデメリットでもあります。

 

また、お腹が緩くなるという口コミも何件か見かけました。やはり配合されている雑穀の種類の多さも気になる飼い主さんも多いようで、与える時は様子を見つつ、少量から与える飼い主さんが大半でした。

 

毛並みが良くなった、という声もありますが、どちらにせよワンちゃんの好みがはっきり分かれるフードでもあり、尚且つ価格帯が安くはない為、選ぶ際に二の足を踏んでしまう方も多いです。

 

ただ、使われている素材は人が食べられるグレードのものを使用していますし、無添加なので申し分はありません。お腹の調子などに問題なければ、続けても良いドッグフードではあるでしょう。