MENU

アルモネーチャードッグフードの成分を分析して安全性をガチ評価|口コミも

アルモネーチャードッグフード

(出展:Amazon)

アルモネーチャー(アルモネイチャー)ドッグフードについて、安全性や口コミなどを徹底的に調べています!

 

日本では流通が少なく、見かけた方もまだ少ないドッグフードではありますが、無添加タイプのドッグフードで数種類のラインナップがあり、愛犬の状態によってドッグフードを選ぶ事が出来ます。

 

配合されている原材料の半分以上が肉類で占められている事で、タンパク質や脂質などが高いドッグフードではないかと予想されますが、実際はどうなのでしょうか?

 

参考価格 3,888円/2Kg
メイン食材 サーモン・チキン・ターキー・豚・牛
ライフステージ 成犬用
タンパク質 26%
粗脂肪分 14.0%
粗灰分 8%
繊維 表記無し
水分 8.5%
原産国 イギリス
カロリー 350kcal/100g
総得点 91点

 

 

アルモネイチャードッグフード【総合評価はコチラ】

【アルモネイチャー:総合評価】

アルモネーチャードッグフード

 

アルモネイチャードッグフードの総合評価です。

 

添加物が配合されておらず、4Dや動物性油脂もクリアしていますが、穀物類が配合されている事とコスパの面で点数が下がってしまいました。

 

アルモネイチャードッグフード【成分分析はコチラ】

魚類(フレッシュサーモン26%、サーモン、マグロ、オイリーフィッシュ)、シリアル(米14%、大麦、トウモロコシ)、肉類(チキン、ターキー、ポーク、ビーフ)、野菜類(植物由来チコリから抽出イヌリン、フラクトオリゴ糖FOS 0.1%を含む)、植物性タンパク質、鶏脂肪、酵母、ミネラル類、マンナンオリゴ糖(MOS)

 

ビタミンA 22000 IU/kg、ビタミンD3 1400 IU/kg、ビタミンE 300mg/kg、ビタミンB1 12 mg/kg、ビタミンB2 14 mg/kg、パントテン酸カルシウム20 mg/kg、ビタミンB6 12 mg/kg、ビタミンB12 0.15mg/kg、ビオチン0.50mg/kg、ナイアシン25mg/kg、葉酸1 mg/kg、L-カルニチン100mg / kg、硫酸銅32mg/kg、キレート銅33mg/kg、ヨウ素酸カルシウム1.64mg/kg、硫酸亜鉛222mg/kg、キレート亜鉛267mg/kg、硫酸マンガン20mg/kg、有機セレニウム80mg/kg


※気になる成分は赤字で表記しています。

 

アルモネイチャードッグフードには穀物類が3種類配合されています。
米、大麦、トウモロコシなどの穀物類は肉食のワンちゃんにとって消化しにくく、アレルギー要素も高い素材ですので、ドッグフードには本来不要な素材でもあります。

 

アルモネイチャードッグフード【安全性の評価はコチラ】

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 0 0
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 3 9
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 0 0
総得点 91

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

安全性総合得点:91点

 

アルモネイチャードッグフードのおすすめポイントを説明しています

アルモネーチャー

アルモネイチャードッグフードがおすすめされている優良ポイントについて解説しています。

 

配合されている肉類の質量や安全性が高い

アルモネイチャードッグフードに配合されている素材の中で、肉量が占めている割合が54%とかなり高い割合で配合されているのは魅力の一つです。

 

また、配合されているサーモンの比率が26%もありますので、肉類と合わせると高い割合で動物性タンパク質が摂取できるのは魅力の一つですね。

 

さらに使用されている肉類は安全性の高いヒューマングレードというタイプの素材を使用しているので、人工的な添加物を気にする事なく安心して愛犬に与える事が出来るのも、飼い主さんにとっては嬉しいポイントでしょう。

 

栄養素がバランスよく、豊富に含まれている

アルモネイチャードッグフードは肉類の配合量が半分以上を占めている上、健康管理に必須なオリゴ糖やビタミン、ミネラル類も豊富に含まれているのが特徴です。

 

肉類を主食とするワンちゃんにとって、ビタミンやミネラルは体調管理に必須成分でもあり、ドッグフードにも配合する事でバランスよく栄養を摂取する事が出来るのです。

 

また、オリゴ糖を配合する事でお腹の調子を整えてくれるので、内側からの健康をしっかりサポートしてくれる栄養バランスとなっています。

 

アルモネイチャードッグフードの気になる点を説明しています

アルモネーチャー

アルモネイチャーを購入するにあたり、気になるポイントをいくつか挙げていますので参考にして下さいね。

 

アレルギー対策がされていなく、人工的な添加物も配合されている

アルモネイチャードッグフードには穀物類が3種類も配合されている上、配合されているビタミンは人工的に作られた成分を添加しています。

 

もちろん保存料などの気になる成分については人工的な成分は添加されていませんが、やはり無添加でこだわるならば、配合されている栄養成分も天然の食材で補った方が良かったでしょう。

 

多くの肉類を使用しているので、アレルギーが出た際に特定が難しいというデメリットも

アルモネイチャードッグフードには、素材の半分以上に肉類が使用されている為、タンパク質が多く摂取できるのは非常に良いポイントではありますが、その反面万が一アレルギー症状が出た際、どの素材でアレルギー反応が出たか特定しにくくなるというデメリットもあります。

 

肉類にアレルギーを持つワンちゃんは少なくありませんので、やはりシンプルな成分配合が一番魅力ではありますね。

 

ですので、こういった多数の肉類を使用しているドッグフードに関しては、どんな素材が使われているか事前にチェックしておき、アレルギー症状が出た時に特定しやすくしておいた方が良いでしょう。

 

アルモネイチャードッグフードを実際に購入した人の口コミ&まとめはコチラ

味がかなり気に入ったみたいでよく食べてくれたのですが、食べてくれる分すぐに太ってしまったので一時中止に。

 

体重増加も落ち着き再度与えてみましたが、やはりアルモネイチャーだと体重増加が著しい為、肥満の事を考えて与えるのをやめました。

 

値段も高いので、続けるのもちょっと大変な部分はあります。

 

まだ珍しいドッグフードでしたが、無添加仕様でタンパク質も豊富だったので試しに買ってみました。

 

愛犬の食いつきは良かったのですが、お腹が緩くなってしまったので続けるのは検討中です。

 

毛並みの色つやも良くなり、暑い時期などはしんどそうにしていたのですが、アルモネイチャードッグフードに切り替えてから元気に乗り切れるようになりました。

 

うちの子はシニア犬なので、タンパク質量が多いのは嬉しいです。

 

ちょっと割高にはなりますが、食いつきも良いのでしばらく継続してみるつもりです。

 

気になるのは価格の面でした。

 

穀物不使用のフードと缶詰を一緒に購入するとこれまで購入していたフードより高くなってしまい、続ける事が難しくいですね。

 

無添加ではありますが穀物も配合されているので、それがちょっと気になる点でしたが、食いつきは良かったです。

 

日本においてはまだあまり流通していないドッグフードではあるので、まだまだ確かな口コミが少ないのも確かですが、愛犬の食いつきは良かったという口コミは多かったです。

 

また、タンパク質量が多めの為なのか、与えていると体重の増加が著しいと感じる飼い主さんも多く、肥満を危惧して与えるのを中止する方もいるようです。

 

カロリーはそこまで高いとは言えないのですが、栄養が豊富な分吸収率も良く、体重が増えてしまう子もいるでしょう。

 

成分に関しては素材は人間が食べられるグレードの素材を使用していたり、人工的な添加物を無添加で作られているなどの優良ポイントはありますが、肝心なビタミン類が人工的な成分である事や、肉類の種類がとても多いのでアレルギーの症状が発生した際に特定が難しくなってしまう、という点はデメリットでもあるでしょう。

 

また、穀物などの配合も気になってしまう点ではあるので、これらの点が改善されればとても良いドッグフードになるのではないでしょうか。