MENU

愛情物語ドッグフードの成分から安全性を徹底評価|口コミもまとめました

愛情物語

(出展:Amazon)

愛情物語ドッグフードは知名度の高い国産ドッグフードです。豊富な種類があり、愛犬の状態や年齢に応じて最適なフードを選べるのが魅力の一つでもあります。

 

今回は豊富なラインナップの中で、特に人気のビーフタイプについて評価しています!

 

配合されている素材や成分を分析し、安全性について徹底的に評価していますので、気になる方はぜひ参考にして下さいね。

 

参考価格 2,192円/6.5Kg
メイン食材 トウモロコシ・小麦
ライフステージ 成犬用
タンパク質 18.0%
粗脂肪分 5.5%
粗灰分 7.5%
繊維 5.5%
水分 10.0%
原産国 日本
カロリー 305kcal/100g
総得点 72点

 

 

愛情物語ドッグフードの総合評価をチェック!【全成分表示や安全性チェックも】

【総合評価】

愛情物語

愛情物語ドッグフードの総合評価です。グルテンやグレイン配合の有無や4D、価格などを総合的に評価した点数チャートになります。

 

愛情物語ドッグフードの全成分はコチラでチェック!

穀類(とうもろこし、小麦粉)糟糠類(グルテンフィード、小麦ふすま、米糠、脱脂糠)、豆類(脱脂大豆、乾燥おから)、肉類(フェザーミール、チキンミール)、油脂類(動物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源))、その他(酵母エキス、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、アルファルファミール、ウーロン茶抽出物)、魚介類(フィッシュエキス)、乳類(チーズパウダー)、野菜類(乾燥にんじん)、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B2、B12、D3、E、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、d-ビオチン)

※気になる成分は赤字で表記しています。

 

愛情物語ドッグフードは国産のドッグフードなのは安心できるポイントでもありますが、グルテンやグレイン由来の素材が使われています。

 

また、食いつきを良くする為か食塩も入っており、ワンちゃんにとって不要な成分が目に付く、といった印象です。

 

愛情物語ドッグフードの安全性を徹底評価!

1個当たりの

減点数

マイナス

4D、動物性油脂 5 3 15
保存料 4 0 0
着色料 4 0 0
穀物 3 4 12
甘味料 3 0 0
食塩、砂糖、その他添加物 1 1 1
総得点 72

 

【表の各欄は以下のような物を示しています】
保存料(BHA、BHT、ソルビン酸カリウム、エトキシキン没食子酸プロピル、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど)

 

着色料(青色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号など)

 

穀物(米、トウモロコシ、大麦、小麦など)

 

甘味料(ソルビトール、コーンシロップ、ビートバルブ、グリシジン・アンモニエートなど)

 

愛情物語ドッグフードの選ばれるポイントのまとめ

愛情物語

愛情物語ドッグフードが選ばれるポイントについてをまとめてみました!どんな部分で愛情物語は選ばれているのでしょうか?

 

配合されている栄養分のバランスが良い

愛情物語ドッグフードには様々な栄養分がバランスよく配合されています。

 

例えば、DHAやEPAは血液をサラサラにする作用などもあるので、シニア犬の健康維持にもおすすめされています。

 

また、ウーロン茶抽出物と呼ばれる成分も配合されていますが、これはポリフェノールの一種になるので、体内の酸化を防ぐ作用もあると言われており、老化によっておきる体調不良などをしっかりサポートしてくれる役割も期待できるでしょう。

愛情物語ドッグフードは歯磨きも兼用して与える飼い主もいるそうで、歯垢が取れやすい粒の大きさや形も評価できるポイントでしょう。

 

国産で人口添加物ゼロが嬉しい!

アイ所物語ドッグフードは国産でありながら、気になる人工的な添加物が使用されていないのも嬉しいポイントです。

 

着色料や香料、保存料などの人口添加物はワンちゃんにとっても健康に不安を感じてしまう成分でもある為、やはり配合されていないドッグフードを選ぶのもポイントの一つでもあります。

 

ちなみに、気になる保存料はビタミンと乾燥ローズマリーが役割を担っているので、天然保存料としても安心度は高いです。

 

愛情物語ドッグフードの気になるポイントは?

愛情物語

こちらでは、愛情物語ドッグフードを選ぶ上で気になる点についてをまとめていますので、購入前は要チェックです!

 

グルテン・グレインが主成分になってしまってなってしまっているので不安

愛情物語ドッグフードの主成分は「小麦とトウモロコシ」で、アレルギーを持っている敏感なワンちゃんには適しません。

 

また、大豆由来のおからパウダーや大豆抽出油なども配合されているので、穀類が多くワンちゃんの消化に負担をかけてしまう事も考えられるでしょう。

 

また、気になるのは肉の配合率です。

 

成犬やシニア犬は体力維持の為、特にシニア犬はタンパク質を多く必要としていますが、タンパク質量が18%と低い割合に対し、純粋な肉の比率配合が低いのも気になるポイントでもあります。

 

今回紹介しているのは「ビーフタイプ」にはなりますが、メインで配合されているのは「フェザーミール」と「チキンミール」なので、そちらも残念なポイントでしょう。

 

副産物が配合されているので不安もある

「〇〇ミール」という表記の食材は副産物である事が多いのですが、愛情物語には「フェザーミール」「チキンミール」といった複合物がメインとして配合されてしまっています。

 

更に動物性油脂も使われているので、ワンちゃんの健康を考える際に不安になる素材が使われているのは、やはり気になる点ではないでしょうか。

 

また、食いつきを良くする為なのか食塩も配合されていますが、ワンちゃんは汗をかかないので塩分を必要としません。与えすぎると健康にも良くないので、高血圧や肥満などのワンちゃんにとっては合わないドッグフードだと言えるでしょう。

 

愛情物語ドッグフードを実際に購入した方の口コミはコチラ!

6.5キロで2000円ほど。コスパも良く、大型犬でよく食べる子が居る過程にはピッタリではないでしょうか。

 

値段を気にせず与える事が出来るのは良いと思います!

 

国産で人口添加物が不使用なのは良いと思いましたが、副産物や穀類、小麦が大半を占めているのは気になる所。

 

人間と同じく犬も小麦などのアレルギーになりやすいと聞いたので、リーズナブルだけど成分がイマイチ。

 

味は可もなく不可もなく、いつもペロっと食べてはくれますが、健康を気にするのであれば、他にももっと優良なドッグフードがあると思います。

 

いつも愛情物語を買っているけど、特に嫌がって食べない…という様子はないですが、やはり安いので質はあまりよくないのかな…?

 

たまにお腹の調子が悪くなる時もあるので、そろそろシニア犬の年齢に突入する事もあり、他のドッグフードに変えようか検討中です。

 

コスパに惹かれて購入したものの、愛犬には合わなかったのか頻繁に吐き戻してしまうようになりました。

 

涙やけもひどくなってきたので、まだ半分以上残っているけど元のドッグフードに戻す事にします。

 

愛情物語ドッグフードは国産で人口添加物を不使用というのは高い評価ポイントではありますが、問題は配合されている成分にあると思います。

 

主成分が小麦とトウモロコシなのですが、これらの成分にアレルギーを持っているワンちゃんは少なくはありません。

 

また、大豆などの副産物も多く目立ち、穀物類も比率的には結構多めです。

 

穀物は特にワンちゃんにとっては消化しにくいものになり、負担をかけてしまうので入っていない方がより安心ではあります。

 

ただ、コスパがかなり良いドッグフードなので試しに購入する飼い主さんも多いですが、結局ワンちゃんの体に合わずに元のドッグフードに戻す…という飼い主さんも少なくないようです。

 

安さと量に着目している場合でしたら、続けやすいドッグフードだと感じました。