MENU

ドッグフードに含まれる4Dについて解説!そのドッグフードには含まれてませんか?

ドッグフードに含まれる良くない成分として、【良くない成分を徹底解説】にて詳しく説明してきましたが、再度「4D」という成分について、詳しく解説していきたいと思います。

 

低品質で大量生産されているドッグフードに含まれている傾向のある「4D」ですが、一体どんな成分なのでしょうか?どれだけの危険性があるのかを徹底的にまとめています!

 

4Dってどんな意味なの?

ドッグフードに配合されている成分で危険と言われている4Dですが、あまり馴染みのない成分なので知らない方も多いかと思います。

 

まず、4Dを簡単に説明すると…

 

・Dead(死んだ)

・Dying(死にかけている)

・Disabled(障害のある)

・Diseased(病気の)

 

これらの4つの単語の頭文字を取ったのが「4D」という名称になります。これらの動物の死んだ肉・もしくは死にかけた肉などがドッグフードに配合されている、という意味になります。

 

4Dで使用されている肉は、「どんな死に方をした動物なのか」「どんな病気で死んだのか」「どんな障害を持っていたのか」を、ドッグフードの原材料に明記する必要がありません。

 

ここが4Dの怖い所で、過去には鶏インフルエンザにかかって死んだ鶏の肉がドッグフードに配合されていた、なんて事もあったように、非常に粗悪な原材料がドッグフード中に含まれている事になるのです。

 

4Dってどうやってドッグフードに配合されているの?

死にかけた、もしくは既に死んでいる動物で、病気や障害を持って死んでいった動物などの肉の事を4Dと呼んでいますが、それらがドッグフードに配合されるまでの過程を詳しく説明しますね。

 

まず、死んだ動物は「レンダリング工場」と呼ばれる工場に運ばれ、130℃以上の熱処理にかけられます。動物の部位まるごと熱処理にかけられドロドロに溶かされていきますが、その過程で「動物性油脂」と「固形物」に分けられます。

 

この固形物は「肉の副産物」と呼ばれ、本来ならば廃棄するはずの部位も含まれている粗悪な原材料の一つとして、ドッグフードに配合されていきます。

 

動物性油脂も、犬の食いつきを良くする為にドッグフード自体を動物性油脂でコーティングしていくのです。

 

これらの原材料は非常に粗悪ではありますが、低コストで手に入る為、価格が安く大量生産されているドッグフードになる程配合されている確率が高くなってきます。

 

4Dが危険な理由は?

ここまで4Dについて説明してきましたが、4Dの危険性について説明していきます。なぜ4Dが危険なのか、ここまで解説を読んだ方ならお気づきだと思いますが、4Dには「病気で死んだ動物」も含まれています。

 

この病気で死んだ動物の中には、牛であれば狂牛病だったり、末期がんで病死した犬だったり、病院で安楽死させられた何らかの動物だったり…そのどれもが訳アリの死に方をしている事が多いのです。

 

はたして病気で死んでいった動物の肉を食べる事で、健康を維持する事が出来るでしょうか?

 

病気の動物という事は、死ぬ前の過程で治療や投薬をしているはずなので、そういった薬が成分に微量ながらでも含まれている可能性だってありますし、伝染病などで死んでいった動物に関しては、その細菌がもしかしたら潜んでいるかもしれないのです。

 

これが4Dの一番怖い部分でもあり、絶対に避けたい理由の一つでもあるのです。

 

4Dから作られる動物性油脂にも要注意!

4Dを加工するのは動物性油脂を抽出する為が本来の目的なのですが、この動物性油脂を抽出する為に強い薬品が使われている可能性が非常に高い事を、ご存知でしたでしょうか?

 

死んだ動物をドロドロに溶かした後に油分と固形物を分離させる時に薬品が使われており、それらの薬品の成分が動物性油脂の中に入り込んで、ドッグフードとして犬が補給してしまいます。

 

長い間、こうした粗悪な成分を摂取し続ける事によって、皮膚病やアレルギーなどの病気を引き越してしまう可能性も、非常に高くなってしまうのです。

 

4Dは元々注意しなければならない危険な原材料ですが、そこから作られる動物性油脂はもっと注意しなければいけない成分だったのです。

 

こうした動物性油脂や肉の副産物は、ドッグフードに配合されている場合は原材料として明記しなければなりませんので、ドッグフードの原材料中に「動物性油脂」や「〇〇ミール」などといった明記があった場合、そのドッグフードの購入は避けた方が良いでしょう。

 

ただし、ドッグフードの種類によっては純粋な肉だけを使用したミール系素材もあります。

 

その場合は公式HPなどで「肉の副産物ではない」といった記載があるかと思いますので、気になる場合はそのドッグフードの公式HPもチェックしましょう。

 

動物性油脂、ミール系の原材料が配合されているのにそれに対して明記が無いドッグフードは危険な可能性が高いので、購入は避けた方が良いでしょう。